アドラー心理学:「職場」に【共同体感覚】が必要なこれだけの理由。

鷹羽詩みのる
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ鷹羽詩みのるです。こんにちは。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー。今回も、リーダーであるあなたに、役立つ情報をお届けす!!(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで【貢献型】リーダーを目指す「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回もどうぞよろしくお願いします。

【貢献型】リーダーを目指して頑張っています!

鷹羽詩みのる
はい、今回も、よろしくお願いします。

あなたの職場には、

様々な個性ある人が、
働いていると思います。

人によっては、

自分さえ良ければ良いと、

 「自己中心的な考え方」

をもっている人も
いるかもしれません。

アドラー心理学では、

自己中心的な
考え方ではなくて、

 「共同体感覚」

を高めていくことを
推奨しています。

今回は、
その理由について
解説していきます。

 

共同体感覚の基礎知識

02

アドラーが提唱している、

 「共同体感覚」

とは、

社会学の用語として、
家族や地域や職場など、
共同体の中で、

 「信頼感・
  所属感・
  貢献感」

を総称した感情や感覚だと
定義されています。

この共同体感覚が
高ければ、

組織のメンバーは、

精神的に
健康でいられるように
なります。

 

職場は「共同体」と「機能体」の両方が必要

03

共同体というのは、

職場のメンバー同士の

 「居心地の良さや
  仲間意識・
  安定感・
  公平感」

を大切にしているのに
対して

機能体は、

 「最小限の費用で
  最大の効果を得るための
  生産性」

というものを
大切にしています。

そのため、
共同体と機能体は、

全く違うことを
表しています。

職場という環境は、

正しい共同体としての
土台があって

仲間意識が
成り立ちます。

しかし、
仲間意識だけでは、

組織が
成り立たなくなるため、

機能体としての要素も
求められるということです。

 

人間関係を構成している共同体感覚

04

職場で
良好な人間関係を
形成するために

共同体感覚を
高めたいというのであれば、

相手のことを

 「尊敬」し、
 「信頼」し合い、

困っていることが
あれば協力し、

同じことで
共感できる人間関係を
構成する努力が
必要です。

共同体感覚が高い
最大の恩恵は、

 「自分の居場所」

を認識できる
ことでしょう。

なぜそのような感情が
芽生えるのかというと、

周囲の人を

 「信頼」

し、常に

 「貢献」

することを
心がけているからです。

共同体感覚が
高ければ、

会社の離職率は
下がり、

技術や
能力の高い社員が

会社に残り続けてくれることに
なりますので

自然と
売り上げは伸びます。

会社で働く従業員も

会社のために
しっかりと

 「貢献」

するように
なりますので

安定した成果を
出すことが
可能となるでしょう。

 「福利厚生が
  非常に充実した企業では、
  会社の売上が高い」

と聞いたことは
ないでしょうか?

それは、
アドラーの提唱している、

 「共同体感覚」

が高められた結果、
その数字を出すことが
できたということです。

 

まとめ

05
鷹羽詩みのる

それでは、まとめましょう!

(1)「共同体感覚」とは、
   共同体での信頼感などを
   総称した感情のこと

(2)「共同体感覚」が高いと、
   精神的な安定が得られる

(3)職場は
   「共同体」と「機能体」の
   両方が大切

(4)共同体感覚があれば、
   「自分の居場所」が見つかる

のぞみ
ありがとうございました。

「共同体感覚」の大切さが理解できました。「自分の居場所」本当に重要ですね、実感しました。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です