アドラー心理学:部下指導は「叱る技術」より【勇気づけ】が必要なたった1つの理由

みのるコーチ
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナーで様々なトピックをお送りします!(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで組織に【貢献】しながら部下を【育て】るリーダーを目指す「輝月のぞみ」さんです。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
貢献型リーダー」になれるよう頑張っています!。

このコーナーでも勉強して行きますので。よろしくお願いします。

みのるコーチ
はい、よろしくお願いします。

さて、今回は、

部下を頭ごなしに
叱ってしまうかたに、

 「態度」

で示す大切さを
お伝えしたいと思います。

 

アドラー流の判断の仕方

ad
みのるコーチ
まずは、部下の「やる気」の部分です。

アドラーは、

 「自分を主人公にする心理学」

を提唱する人物です。

例えば、
部下が自分の言うことを
聞いてくれない時、

 「部下のせいにする」

か、

 「自分の指導法の悪さ」

を原因と考えるかは、
自分次第です。

 「何度失敗したら分かるんだ!」

 「どれだけ、時間をかければ、
  気が済むんだ!」

このようなことを
言われたとき、

 「やる気を出す部下」

もいる事は事実ですが、
大多数の部下は、仕事に対して

 「やる気をなくし」

上司を尊敬しなくなります。

なぜこのようなことが
発生してしまうのでしょうか?。

のぞみ
部下の「やる気」は上司次第と思います。

 

部下に対する強すぎる叱咤は「やる気」をなくす原因になる

02
みのるコーチ
部下の指導で気をつけることは…。

上司は部下に対して、

多種多様な「指導」を
行っていますが、

 「きつく言い過ぎてしまう」

という経験はありますね。

しかし、

厳しく叱ることで、
部下を指導することは、

部下の行動を規制し、
自分で判断する思考力を
奪います。

言葉には、人を教育し
暗示をする効果があります。

今回の例では、間接的に

 「あなたは、
  仕事ができない人間です。」

と伝えているようなものです。

しかし、叱っている人間は、
これでやる気が出るだろうと
考えています。

自分のしている行動が、
全く逆の効果を生んでいることを
自覚する必要があるのです。

のぞみ
はい、考えなければいけないところです。

 

「態度」で示すことこそ最も正しい指導法

03
みのるコーチ
「勇気づけ」をする前提となることは?

アドラーは、
叱咤を利用し
指導する方法に対して

 「勇気づけ」

の大切さを説きました。

アドラーの心理学では、
「勇気づけ」という言葉は、

 「想い」

を表します。
そして、この「想い」は必ず

 「態度」

に表れます。従って。

「勇気づけ」=「態度」

という事になります。

「勇気づけ」は「言葉」では
ありません。

従って、
基本的に部下を指導する場合、

 「使ってはいけない言葉」

というのはありません。

厳しく指導する必要がある時は、
厳しく指導します。

しかし、そこに、部下との

 「相互信頼」

がなければ、一方的な指導と
なってしまいます。

相互信頼があれば、部下も、

 「自分のことを、本当に
  気にかけてくれている。」

と、素直に言葉を聞いて
姿勢を改めようと考えます。

のぞみ
「相互信頼」ですね。大切にしていきます。

 

「口先」だけの上司が尊敬されない理由

04
みのるコーチ
「言葉」も重要ですが、もっと重要な事があります。

一時期、

 「この言葉を利用すれば、
  部下が上司である自分の
  意見を聞いてくれる」

というような、
ノウハウが出回りました。

しかし、
アドラーの心理学では、
その考え方を良いものとは、
しません。

では、
何が正解なのでしょうか。

部下を

 「本気で信頼すること」

から始め、
目の前にいる部下へ

 「強い尊敬と信頼」

を示すことができてこそ
アドラー流の指導法が
できていると言えます。

人間として尊敬し、信頼し、

 「横の関係」

を築く事が、

 「アドラー流リーダーシップ」

という事ができるのです。
なぜならば、そこには、

 「相互信頼」

がうまれるからです。

まさに「表面的な言葉」ではなく、
「想い」が形になった、

 「自身の姿勢」

こそが、相手の心へ訴えかける
最も効果的な方法なのです。

のぞみ
自分の「態度」「姿勢」といったものが大切なのですね。

 

まとめ

14
みのるコーチ
それでは、まとめますね!

・部下と良い関係を
 築きたいのであれば、

  「勇気づけ」=「態度」

 が非常に大切。

・言葉で伝えなくても、

 相手のことを真正面から
 見つめる「想い」は、

  「態度」

 に表れる。

・これが、

 部下の行動を良くする
 素晴らしい「効果」を
 発揮する。

 

のぞみ
ありがとうございました。

話す「言葉」が大切と思っていましたが、本当に大切なのは「相互信頼」と自分の普段からの「態度」・取り組む「姿勢」ということですね。

早速、活かせるように現場で頑張ります!

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です