アドラー心理学:相手の「やる気」を引き出す【勇気づけ】の1番の方法は?

みのるコーチ
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー高橋みのるです。こんにちは。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナーです。今回も、あなたがパワーアップするトピックをお送りしますね(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで組織に【貢献】しながら部下を【育て】るリーダーを目指す「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回も頑張ってサポートします!

「貢献型リーダー」になれるよう頑張っていますので、よろしくお願いします。

みのるコーチ
はい、よろしくお願いします。

今回は、

部下との人間関係が
築けず、

指導に
てこずっている方に、

 「勇気づけの方法」

について
解説していきたいと
思います。

 

部下との関係性で大切なのは【勇気づけ】

02
みのるコーチ
同じように指導しても、違いが出るワケについてです…。

Aさんが
部下を指導した場合、
指導された部下は、

素直にその指示を受け入れ
反省し改善します。

しかし、

Bさんが
部下を指導した場合、

その部下は、
全く聞く耳を持ちませんでした。

この差は、
何なのでしょうか。

この差を、埋めるものは、

 「勇気づけ」

です。

アドラー流の考え方であれば、
同じ指導でも

 「日頃の態度」

で、大きな差が
出てくるということです。

のぞみ
「日頃の態度」が勇気づけになる。…「信頼関係」ができているかどうかが重要という事ですね!

 

部下への信頼こそが「最大の指導」となる

03
みのるコーチ
同じように指導しても、違いが出るワケについてです…。

アドラーは、
人を育てたいのであれば、

 「相手を信頼すべき」

であると説明しています。

しかし、

 「信頼」

の定義を間違えれば、

部下は、たちまち
自分で考えることを放棄し、

あなたが、いなければ
何もできない

ダメな社員になってしまう
可能性があります。

つまり、
正しい指導をしたければ、

アドラーの定義している

 「信頼」

について具体的に理解し、
それを

 「態度」

で示す必要があるということです。

 

3人の上司の「教育」と「部下への信頼」

04

部下への
正しい教育について

具体的に理解するために、
3人の例をご紹介します。

(1)

上司(1)
私は、
部下を教育するとは、

徹底的に
気にかけてあげることであり、

管理していくことだと
思っています。

(2)

上司(2)
私は、
部下を教育するとは、

相手の
個性を理解しながら、

足りない部分に関して、
自分で気づけるように
促しながら

指導していくことだと
思っています。

(3)

上司(3)
私は、
部下を信頼していますので、

何でも自由に
やっていくことが

正しいことだと
理解しています。

(3)は、完全な放任主義で、

(1)は、信頼しているようで、
信頼していない上司です。
(必要以上に管理している)

(2)が、アドラー流の
態度で示す教育法であり、

部下が最も育つ
上司の姿勢です。

のぞみ
「部下の個性を理解しながら、足りない部分に関して、自分で気づけるように促しながら指導する」、これですね。これで行きます!!

 

まとめ

05
みのるコーチ
はい、まとめましょう!!

・「勇気づけ」とは、
 信頼する態度を見せること

・必要以上の管理は、
 部下を信頼していない証

・放任主義では、
 部下は育たない

・強く指導するよりも、
 部下への信頼を心がけ、
 真正面から向き合えば、
 部下は、想像以上に育つ。

のぞみ
「部下への信頼を心がけ、真正面から向き合う」これを心がけていこうと思います。

今回も、ありがとうございました。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です