アドラーの言葉:他者と関わるうえでもっとも重要なことは、他の人の目で見、他の人の耳で聞き、他の人の心で感じることだ。

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

【アドラーの言葉】

アドラー
他者と関わるうえで

もっとも重要なことは

他の人の目で見、

他の人の耳で聞き、

他の人の心で感じることだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

アドラーは、他者との対話で大切な事は、

★★★★

「相手目線で、

 相手と同じように見て、
 相手と同じように聞いて、
 相手と同じように感じ、

 「信頼関係」を築くこと。

★★★★

と言いました。これを、アドラー心理学では、

 【共感的理解】

と呼びます。

この「共感的理解」は、
相手が見たまま、聞いたまま、感じたままを、

自分の解釈を入れず、評価せず
受け止めるという行為。

という事で、これは、

 「他人の考え・主張に、全くそうだと感ずる」

という、いわゆる

 【共感】

とは

 <別の概念>

です。

——————–

【共感】

他人の考え・主張に、全くそうだと感ずること。その気持。

 ↑
 |<別の概念>
 ↓

【共感的理解】

相手が見たまま、聞いたまま、感じたままを、
自分の解釈を入れず、評価せず受け止めるという行為。

——————–

「共感」(同じ考え・思い)しなくても、
【共感的理解】は、できるという事になります。

完全に、

 ・相手と同じ目で見る
 ・相手と同じ耳で聴く
 ・相手と同じ心で感じる

のは、なかなか難しいことですが、

そのように心がけて相手に働きかけることは、
他者と対話していく上では、とても「大切なこと」となります。

アドラーの影響を強く受けたカール・ロジャースは、

<傾聴の3条件>の中で、
【共感的理解】を次のように定義しています。

【共感的理解】

「クライアントの私的な世界を
 あたかも自分自身のものであるかのように感じとり、

 しかもこの<あたかも~のように>という性質を失わないこと」

 (C.R.Rogers.1957)

つまり、クライアントの世界を
その内的枠組みから受け取り、それを共有しながらも、

決して同一化や感情的な癒着に
ならないことと定義されています。

実践するのは、なかなか難しですが、

たかはしみのる
・ただ、ただ、受け止める。
・そのまま受け止める。

・同じ目で見ようと思う。
・同じ耳で聞こうと思う。
・同じ心で感じようと思う。

という事が、大切なのだろうと、

僕は思っています。

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です