アドラーの言葉:【共感的理解】

【アドラーの言葉】

他者と関わるうえで

もっとも重要なことは

他の人の目で見、

他の人の耳で聞き、

他の人の心で感じることだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラーは、

他者との対話で大切な事は、

★★★★

「相手目線で、

 相手と同じように見て、
 相手と同じように聞いて、
 相手と同じように感じ、

 「信頼関係」を築くこと。」

★★★★

と言いました。

これを、アドラー心理学では、

 【共感的理解】

と呼びます。

この「共感的理解」は、

相手が見たまま、
聞いたまま、
感じたままを、

自分の解釈を入れず、
評価せず
受け止めるという行為。

という事で、これは、

 「他人の考え・主張に、
  全くそうだと感ずる」

という、いわゆる

 【共感】

とは

 <別の概念>

です。

——————–

【共感】

他人の考え・主張に、
全くそうだと感ずること。
その気持。

 ↑
 |<別の概念>
 ↓

【共感的理解】

相手が見たまま、
聞いたまま、
感じたままを、

自分の解釈を入れず、
評価せず
受け止めるという行為。

——————–

「共感」(同じ考え・思い)
しなくても、

【共感的理解】は、
できるという事になります。

完全に、

 ・相手と同じ目で見る
 ・相手と同じ耳で聴く
 ・相手と同じ心で感じる

のは、
なかなか難しいことですが、

そのように心がけて
相手に働きかけることは、

他者と対話していく上では、
とても「大切なこと」となります。

アドラーの影響を強く受けた
カール・ロジャースは、

<傾聴の3条件>の中で、
【共感的理解】を次のように
定義しています。

【共感的理解】

「クライアントの私的な世界を
 あたかも自分自身のもので
 あるかのように感じとり、

 しかもこの
 <あたかも~のように>
 という性質を失わないこと」

 (C.R.Rogers.1957)

つまり、
クライアントの世界を
その内的枠組みから受け取り、

それを共有しながらも、

決して同一化や感情的な癒着に
ならないことと定義されています。

実践するのは、
なかなか難しですが、

◆◆◆◆

 ・ただ、ただ、受け止める。
 ・そのまま受け止める。

 ・同じ目で見ようと思う。
 ・同じ耳で聞こうと思う。
 ・同じ心で感じようと思う。

◆◆◆◆

という事が、
大切なのだろうと、

僕は思っています…。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です