アドラー流リーダーシップ:「なぜ?」「どうして?」と問わない事!、その代わりに…【何が】…?

鷹羽詩みのる
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ
鷹羽詩みのる です。こんにちは。
ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、
組織の【人材強化】を応援しています。
⇒【プロフィール】
⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【僕の想い】

「嫌われる勇気」で有名な「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー

今回も、「リーダー」のあなたに
「この」コンテンツをシェアしますっ!

サポート役は今回も、
「管理職」になりたてで、
ワンランク上の【貢献型】リーダーを目指す

「輝月のぞみ」さんです!

のぞみ さん、宜しくお願いします!

のぞみ
こんにちは。輝月のぞみです。今回もよろしくお願いします。
鷹羽詩みのる
はい、お願いします。では、早速いきましょう…。

「論理的な思考力」を習得するためには、

 「なぜ、~したんですか?」

という質問をすると良いと
聞いたことがあると思います。

しかし、利用方法を間違えると、

部下は、あなたに「嘘をつく」ようになります。

その理由について解説していきます。

 

「なぜ」という質問が部下を困らせる状況

02
鷹羽詩みのる
「なぜ」を言うと、部下は…。

「原因」を探る上で「なぜ」という言葉は、
良いものとされています。

しかし、現場において多用しすぎると、

部下が育たない現象が発生してしまいます。

例えば、大切な会議があったとしましょう。

部下は、必死で頑張りましたが、
十分な資料を集めることができませんでした。

上司は言いいます。

 「なぜ、資料を集められなかったんだ。」

部下

 「頑張ったんですが、途中から厳しい状況になりまして。」

上司

 「それを、なぜ、言わなかったんだ。」

部下

 「そのときは1人でできると、思っていました。」

なぜを、利用すると、

このように部下を責めるばかりで
何の解決にもならないのです。

のぞみ
確かに、「なぜ」って、責められているような印象がありますものね。

 

原因追及が「嘘」につながる理由

03
鷹羽詩みのる
部下の「身」になってみると…。

上司の方で、「原因追及」ばかりしていると、
部下に「嘘」をつかれます。

なぜならば、原因ばかり追及してくる上司には、
部下は、接したいと思わないからです。

上司の方は、部下のためと
思っているのかもしれませんが、

 「なぜ」

と言われる側の気持ちを考えてみましょう。

「なぜ」と言われても、
誰しもが非常に困ってしまいます。

これは、「責められている」と感じるためです。

すると、また何か言われると思い
「上司に何も伝えなくなる」のです。

または、何かしらの追及をされないように
「部下が嘘をつく」ようになります。

のぞみ
「嘘」をついてしまうのも、解る気がします。

 

「原因追及」思考が悪いわけではない

04
鷹羽詩みのる
「原因追及」と「人を責める」ことは違います。

上記のように説明すれば、

「なぜ」と問うこと、そのものが、
いけないことであると感じるかもしれませんが、

そんなことはありません。

たとえば、「集客」ができなければ、

「なぜ、集客ができないのか」と、
考えることは大切なことです。

しかし、

「なぜ」を利用して、
「人を追い詰める」ようなことは、
してはいけないということです。

本当の意味で、「原因を追及できる」
と感じたときにこそ

「なぜ」を利用していきましょう。

言われる側の気持ちに、一歩あゆみよることで、
部下もあなたに、近づくようになります。

のぞみ
「人を責める」ことではなく「客観的に原因追及」したいですね。

 

「なぜ」を【何が?】に置き換える

05
鷹羽詩みのる
「言い方」を変えてみましょう。

「なぜ?」と言われると、
「責められている」と感じてしまうことも、

【何が?】に変換して話されると、
「【詰められ感】は大幅に減少」します。

例)

 ×:「【なぜ】、資料を集められなかったんだ。」

↓↓↓↓

 ○:「資料を集めるのに、【何が】妨げになった?」

 

 ×:「それを、【なぜ】、言わなかったんだ。」

↓↓↓↓

 ○:「それを言うことを、【何が】止めていたんだろう?」

この、言い方をすると、

 「客観的」に【一緒に】考える

という姿勢が伝わって、

相手が「ホンネで話してくれる」可能性が
飛躍的に高まります。

のぞみ
意味は同じでも、だいぶ違いますね!(^^)

 

まとめ

06
鷹羽詩みのる
それでは、まとめましょう!。

(1)「なぜ」は、部下を困らせる。

(2)「なぜ」は、部下を追い詰める。

(3)部下教育とは、正しく原因を追及すること。

(5)間違った原因追及が「嘘」につながる。

(6)「なぜ」は、本当の意味で原因追及が
   できる場所で利用する。

(7)【なぜ】を【何が】に置き換えると、
   ホンネを引き出すことができる。

のぞみ
ありがとうございました。今回も、理解できました!

「人を責める」ような言い方をしないように気を付けます!

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
LINEお友だち追加で、お得情報が届きます
友だち追加
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です