なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-

鷹羽詩みのる
人材強化ミーティング導入プランナー
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ

鷹羽詩みのる です。こんにちは。

ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、組織の【人材強化】を応援しています。

⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【使命感】は必要か??
⇒【僕の想い】
ホンキー
ビジネスコミュニケーション最適化ブログホンキー です。こんにちは。

【彩香】の「実践心理学」、今回も「フランス人」と「日本人」の【考え方・感じ方の違い】についてのお話です!(^^)。知っておくと、面白いですよっ!(^^)。

それでは、【可愛 あやか】さん、宜しくお願いします!。

あやか
可愛 あやか です。こんにちは。よろしくお願いします(^^)。

今回は、なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-についてシェアしていきますね。

パリ症候群とは

フランスでは
大変良く知られている

日本人が
パリで発症する
適応障害のひとつです。

ぐったりと
元気がなくなり、

外に出られない、

人や視線が怖い、

差別されているなどと
思い煩う、

こういった症状を
もっています。

今回は、

 「フランス人と
  日本人の
  感じ方の違い」

と、

 「なぜ
  パリ症候群が
  起きるのか」


ご紹介させて頂きます。

 

1・パリ症候群とは

02

パリ症候群とは、

 「すごく期待し
  がっかりした状態」

を指します。

かかる人

パリは世界の都であり、

パリはファッションや文化の最先端で

フランス人が最高だと

憧れ信じている人が
かかります。

舶来やカタカナや洋物に憧れ、

その地こそ素晴らしく、

そこに居られるのは
選別された人であると
考えます。

症状

うつ状態になり、

他人が
自分の悪口を言っている、

嫌われている、

睨まれている、

パリに受け入れられない自分はダメだと

自責の念に捕らわれます。

原因

 ・夢と期待
  =欲と自我が肥大

 ・失望
  =想像と異なる

 ・孤立
  =劣等意識が刺激される、
   差別されている、
   嫌われているなど

 ・依存
  =自分の思いどうりにならない、
   ちやほやし機嫌を取って欲しい、
   自分は特別なはず

治療法

パリを離れ、帰国すると

ケロッと治ります。

 

2・悪魔は微笑みながら近づく

03_

空港の
出入国管理のような場所で

 「日本人とアメリカ人は
  ニッコリと笑いかけます。」

相手から同じリアクションを
期待するからです。

 「フランス人は
  アクセントが異なると
  知らん顔します。」

彼らは身内とよそ者を
全ての感覚でチェックし、
避けます。

これは彼らの常識です。

長い戦乱の中、

自分の身を守る為に生まれた
スタイルです。

アメリカ人が微笑むのは

敵意が無い事の証明で、

アメリカ人の常識です。

日本人が微笑むのは、

相手に認めて欲しい
承認欲求がベースにある

日本人の常識です。

フランス人は
よそ者を警戒します、

これはフランス人の常識です。

フランス人は

知らない他人に
好かれたいとか、

共感したい、

嫌われたくない

などとは
考えません。

仕事だからやっている、

それだけです。

キリスト教圏では

 「悪魔は微笑んで
  近づいてくる」

という言い回しがあります。

 

3・フランス人と日本人の違い

04

日本人は

有名デザイナーや
有名ブランドの物は、

素晴らしく値打ちがある
考えます。

フランス人は
カトリックの影響下にあり、

人は人、
物は物としか考えません。

違いは値段だけ、
値段は個人の判断で決め、

ブランド品もスーパーの放出品も
同じと考えます。

日本人は
個人崇拝が好きです。

 ・カリスマ○○
 ・パリで修行した○○
 ・ミシュランの星の数
 ・有名人も来る場所で
  同じものを食べると
  格が上がる

高名な○○の作ったケーキだから
ありがたい、

有名だから価値がある、

有名人も食べたから優れている。

ガイドブックに載っているから
良いものだと考えます。

フランス人は
ケーキはケーキ、

有名なのは宣伝、
有名人が食べても
価値は同じと考えます。

これは思考の
軸となる一神教の
宗教観から来ています。

日本人は

修行して
人間のランクが上がることを
理想としています。

が、

フランス人は

修行して上がるのは
能力のみ、

人としては皆同じ
と考えます。

 

まとめ

05
あやか
いかがでしたか。まとめです!

今回は、

パリに来た日本人に出やすい

パリ症候群

フランス人の視点から
ご紹介させて頂きました。

この情報が
あなたのお役に立てれば幸いです。

ホンキー
あやかさん、ありがとうございました。

日本人とフランス人、「考え方」も「感じ方」も違うんですね~(^.^)。興味深い話、ありがとうございました(^^)。

【彩香】の「実践心理学」」次回もよろしくお願いします!。

 

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です