アドラーが教えた「トラウマの消し方」‐なぜアドラーはフロイトと決別したのか‐

みのるコーチ
メンタルコーチの 鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

今回のアドラー心理学は、

 アドラーが教えた
  「トラウマの消し方」

 アドラーが
  フロイトと決別した理由

をご紹介します。

今回の解説は、

「実践心理学」の解説で絶好調の、

【可愛 彩香さん】です。

それでは、あやかさん、

よろしくお願いします!!(^^)

 

アドラーの「トラウマの消しかた」と「フロイトと決別した理由」

ad
あやか
可愛 彩香です。アドラー心理学について、お話させて頂きます。

今回は「トラウマの消しかた」とアドラーが「フロイトと決別した理由」です。

それでは、どうぞ…。

心理学や精神分析に
興味を持つと、

フロイトに師事した
ユングやアドラー
でてきます。

今回は、
アドラーが伝えた具体的な

 「トラウマの消し方」

と、

共同研究者で
同じ東欧系ユダヤ人の
フロイトと1911年に
完全に決別した
理由をご紹介します。

 

アドラーの教えた「トラウマの消し方」

03

アドラー心理学では、
トラウマは存在しない
言い切っています。

ある事柄と、
その時の自分の感情が
結合された記憶であり、

トラウマが
精神的外傷とはならないと
示唆しています。

自分の感じた記憶と
その事柄は
全く別のものと認知すれば、

トラウマと言う症状は
消えると語っています。

事実・解釈・感情を
区別することで

自分の人生の自主性を
取り戻すことができます。

一般的に
トラウマと呼ばれる事柄は、

自分のせいじゃないと
第三者に語ることで

自主性を手放した状態に
してしまいます。

また

病名や名称をつけることで、
存在を認めてしまうことになると
語っています。

人は
自分のトクになることに
敏感です。

どんな素晴らしい話でも、
自分には関係ないと思えば
全く聞く気も起ません。

 

トラウマ探しのフロイト、現実主義のアドラー

04

フロイト(1856年生まれ)
アドラー(1870年生まれ)

同じドイツ語圏で
精神医学と心理学を
専攻した医学者です。

1902年、
アドラーはフロイトに招かれ
精神分析の共同研究を行い、

1911年に決別。

同年、
主だった仲間と
個人心理学を立ち上げています。

若い頃コカイン研究に
没頭したフロイトは、

無意識に
閉じ込められている
性的抑圧が
トラウマやPTSDであると説き、

自分で話をすることで
問題を解きほぐしていく
スタイルを取りました。

アドラーは

人は常に
自分の意思で変化する、

一番大事なのは
お互いさまの共同体感覚。

自主性さえあれば、
いかようにも変化できることを
解きました。

人の記憶は
意識の仕方で
コロコロと変わり、

言い訳探しは
当人の成長を妨げるとしました。

 ・フロイトは

  原因と名称を付けますが、

  最終的に
  患者は問題があることを
  認めるだけしか
  選択種がありません。

 ・アドラーは

  苦痛がある現状から
  事実と感情を
  切り離すことで、

  患者が
  自主的な選択権を持つ
  意味とパワーを提示します。

医師は病人を助けるのが
役割と考えたアドラー。

精神の苦痛のシステムを
分析するのが仕事と
考えたフロイト。

両者は
目的を何にするのかで、
水と油のように
分離してしまいます。

 

まとめ

05
あやか
それでは、まとめです…。

今回は、

アドラーが伝えた
トラウマの消し方」と

アドラーとフロイトが決別した、
目的の設定と
自分の役割に対する意識を
ご紹介しました。

この情報が
あなたのお役に立てれば幸いです。

みのるコーチ
あやかさん、ありがとうございました。

今回も勉強になりました…。

それでは、また!!(^.^)q。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です