アドラー流リーダーシップ:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ「部下の反応」が違う本当の理由

鷹羽詩みのる
人材強化ミーティング導入プランナー
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ

鷹羽詩みのる です。こんにちは。

ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、組織の【人材強化】を応援しています。

⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【使命感】は必要か??
⇒【僕の想い】

「嫌われる勇気」で有名な「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー

今回も、リーダーである
あなたのためのコンテンツをご用意しました。

サポート役は、今回も
「管理職」になりたてで、
ワンランク上のリーダーを目指す

「輝月のぞみ」さんです。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回もよろしくお願いします。輝月のぞみです。しっかり聴かせて頂きますっ!
みのるコーチ
はい、お願いします。

それでは、早速いきましょう…。

今回は、【勇気づけ】「勇気くじき」についてです。

「勇気くじき」とは簡単に言うと
「相手を否定する」ことです。

この「勇気くじき」をすると、
「部下は育たなく」なってしまいます。

それは、なぜでしょうか?

今回は、

・「勇気くじき」が、教育に向かない理由

・「勇気づけ」の効果的な「方法」

ついて解説していきたいと思います。

 

「勇気くじき」は全体の空気を悪くする

02_
みのるコーチ
まずは「勇気くじき」の影響についてです。

社内で「勇気くじき」を行えば、

今まで風通しが良かった社内も、
同僚同士で神経を張り巡らせ

軽い冗談でも悪口に聞こえてしまう
という状況が生み出されます。

それは、「言い過ぎなのでは」と
思うかもしれません。

しかし、ある企業で厳しい上司が
部署に配属されて、

人間関係が悪くなり、

同僚同士の居心地が悪くなってしまった
という実際のデータがあります。

その中のAさんは、

今まで通常通り行っていた
会議の説明でも

しどろもどろになってしまい、
失敗が目立つようになりました。

すべての問題は、上司の「勇気くじき」
から始まったのです。

のぞみ
考えさせられます。「勇気くじき」の悪影響は大きいのですね…。

 

心理学の「強化」の考え方

03
みのるコーチ
次は、「勇気くじき」は何を発生させるかという事です。

心理学では、

「勇気くじき」をすることで
「ますますダメになってしまう」という考え方があります。

これを、心理学では、

 「強化」

と呼んでいます。

「継続」して注意をされると、
ますます上手くできなくなり、

非常に自分も気にするようになる結果、
「失敗が増えてしまう」のです。

この説明を見れば分かるように
「勇気くじき」が部下の教育に向かないのは、

 【失敗の「強化」が発生】

してしまう、という理由からです。

のぞみ
「勇気くじき」で、失敗の「強化」が発生してしまうのですね…。これは避けたいです。

 

部下を「勇気づけ」る方法は…

04
みのるコーチ
「勇気づけ」では、何を伝えていけば良いか。

「相手の「やる気」を引き出す【勇気づけ】の1番の方法は?」

の中でお話した通り、

「勇気づけ」とは、

「【目標に向かって進むチカラ】・
 【困難を克服するチカラ】を与えること」

をいい、

 「相手との【相互尊敬】【相互信頼】
  の関係が前提になる」

ものです。

部下にやる気を起こさせて、

日常生活でも自ら率先して、
行動してほしいと考えているのであれば

 「勇気づけ」

を行っていきましょう。

「勇気づけ」の方法は簡単で、

「日常の事実を伝えれば良い。」

ということです。

<<参考例>>

「今日も元気な挨拶だね。」

「時間通りに遅刻せず出勤してるね。」

「綺麗な字を書くね。」

「いつも仕事が丁寧だね。」

「いつも周りを気遣っていることを知っているよ。」

このような言葉は、誰にでも言えることでしょう。

そして、お勧めは、それに加えて、

○【その事で、私は嬉しい】

○【その事で、私は助かっている】

というメッセージを伝えていくことです。

これは、

I メッセージ(アイ メッセージ)

と言われるもので、

 【横の関係】(対等な関係)

で、相手を「勇気づけ」ることにつながります。

これに対して、

×「偉いな!」

×「良くやった!」

というメッセージは、

Youメッセージ(ユー メッセージ)

とって、

 【縦の関係】

 「上から目線」のメッセージ

となってしまいます。

こちらは、

 ×「褒める」

にはなっても、

 ○「勇気づけ」

にはなりませんので、ご注意ください。

ともかく、当たり前とされていることでも
新たに視点を加えてあげることで

 「勇気づけ」

をしたことになるのです。

アドラーの考え方によれば、
社会がどのような状況になったとしても、

 「勇気づけ」

をしていくことこそが、
機会を最大限化していく考え方であり、

リーダーの理想像だと説明しています。

のぞみ
「横の関係」「対等な関係」という考えが、がベースにあるんですね!

 

まとめ

05
みのるコーチ
それでは、まとめましょう!

・「勇気くじき」では、部下は育たない。

・「勇気くじき」は、会社全体を悪くする。

・当たり前にこそ、「勇気づけ」を行う。

・「勇気づけ」は、機会を最大限化できる。

・Iメッセージ(アイメッセージ)で伝えよう。

のぞみ
ありがとうございました。今回も、勉強になりました!

知らず知らずの間に「勇気くじき」してしまっている事もあると思いました。これからは「勇気づけ」で部下に接して行こうと思っています。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です