アドラー心理学:答えは永遠の【パラドックス】:「転職」されないためには、○○で「活きる」人材育成を!

鷹羽詩みのる
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー鷹羽詩みのるです。こんにちは。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー。今回も、リーダーであるあなたに、パワーアップする情報をシェアしていきますね!!(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで【貢献型】リーダーを目指す「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回もよろしくお願いします。【貢献型】リーダーを目指して頑張っています!

今回もピシッとサポートさせて頂きますっ!

鷹羽詩みのる
はい、よろしくお願いします。では、早速いきましょう~。

一般社会の情報を
見聞きしていると

入社3年目は、
転職の節目
言われており、

多くの会社で、
大切な人材が
失われています。

このような
流れの中でも、

部下に
転職されることを
防ぐためには、

どうすれば
良いのでしょうか?

今回は、

 「転職されない部下指導」

について

解説していきたいと
思います。

 

「他社でも活きる人材育成」を徹底的に行う

02

会社の上司で、

 「部下を
  指導することに
  困っている」

人は多いはずです。

具体的に
どのようなことに

困っているのか
というと、

注意したにも
関わらず

部下の行動が
改善されず、

上司の話を
聞かなくなるなど、

多種多様な問題が、
そこに存在します。

この問題を
改善する答えは、
以外なところに
あります。

それは、

 「他社でも活きる
  人材育成を、
  徹底的に行う。」

という事です。

そして、
興味深いことは、
ここにあります。

その事とにより、
上司の指導内容を
部下が正しく聴き、

反省点を
自ら考えながら
行動に移すような

良好な関係が
築けていたら、

部下は、
転職しなく
なるという事です。

 

部下に正しい教育方法を試す

03

リーダーの
部下教育というのは、

指導の仕方を
間違えれば、

部下の信頼を
失ってしまうことに
なります。

しかし、

信頼を
失いたくないという
理由から、

リーダーシップを
発揮しないと
いうのは、

間違っていると
言えるでしょう。

リーダーシップを
発揮して、
部下の指導にあたる、

これは、当然、
必要な事となります。

そして、

社内の転職率を
下げたいのであれば、

部下の反感を、
どのようにしたら
最小限に抑えられるか、

常に考えることも
要求されます。

そのためには、
まず、

上司の

 「指導内容」

よりも、

 「話し方や
  感情の扱い方」

を変えていく必要が
あるでしょう。

アドラー心理学を
試すならば、

この過程は、
必ず通らねば
ならないのです。

これを
習得にすれば、

部下に対して
感情的にならず、

冷静な思考を
与えられるでしょう。

 

部下への指導に必要なものは…

04

あなたが、
部下を指導する目的は
なんでしょうか?

指導の目的は、

部下の行動の
直接的な改善であり、

感情で
相手を傷つけることでは、
ありません。

会社の上司の方で、
部下の指導教育を
する際、

感情的になってしまい、

部下に対して
不快な感情を
与えてしまっていると
いうのであれば、

指導教育する目的を、
改めて考えなおすことが
大切です。

ここでも、
「目的論」が、

重要になってくるのです。

 

まとめ

05
鷹羽詩みのる
それでは、まとめましょう!。

(1)他社でも活きる
   人材育成を行う。

(2)どこにでも
   転職可能な状態にすれば、
   転職率は下がる。

(3)話し方や
   感情の扱い方を覚える。

(4)指導教育する目的を、
   改めて考えなおす。

のぞみ
今回も、ありがとうございました。

永遠の【パラドックス】の意味が解りました。人材育成、難しいですが取り組んで行こうと思います。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です