アドラー心理学:どちらですか?その表現!【良い】誇張表現と【悪い】誇張表現で「部下の感じ方」がこれだけ違う!

みのるコーチ
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナーです。今回も、あなたのために、パワフルな話題をシェアしていきますね!(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで【貢献型】リーダーを目指す「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回も頑張ってサポートします!

「貢献型リーダー」になれるよう頑張っていますので、よろしくお願いします。

みのるコーチ
はい、よろしくお願いします。では、早速はじめましょう!。

今回のテーマは「【良い】誇張表現と【悪い】誇張表現」です。

部下の失敗に対して、
指導をする場合、

相手の「心」に正しく
問いかけなければ
いけません。

指導方法を間違えれば、

上司が部下に対して、
権力を示すだけで

終わってしまう
可能性があります。

部下へ
正しい指導の第一歩として、

 「間違った誇張をしない」

ことの大切さを
学んでいきましょう。

 

誇張の多い管理者の口癖とは?

02

誇張の多い上司は、
このような口癖を
繰り返します。

 「○○さんは、
  いつも失敗してばかりだ。」

 「何度失敗したら
  気が済むの?」

 「同じことを、毎回、
  言わせないでほしい。」

相手の改善を期待して、
このような言葉を
投げかけたとしても、

言葉を
投げかけられた相手は、

上司に対して反感を抱き、
指導に対して
素直に言うこと聞かなく
なります。

素直になれないので、
行動にも制限を
かけてしまいます。

誇張という行動を
行ってしまうのには、
明確な理由があります。

その理由とは、

 「指導するよりも
  怒りを発散したい」

という感情がある
ということです。

 

誇張表現が職場でマイナス要因を発生させる明確な理由とは?

03

職場で
感情的になれば、

部下のプライドが
傷つきます。

上司に
プライドがあるように、

部下にも
プライドがあります。

そして、上司が感情的に
なっている姿を見て、

職場のメンバーにも
マイナス感情が
波及していきます。

誇張表現が
部下のためにならない
最大の理由は、

部下のことを
真正面から考えていない
からでしょう。

部下に向かって
感情と権威を
振りかざすその姿勢は、

見苦しいものがあります。

そのような行動が、
職場でプラスの要因と
なるわけがありません。

 

職場での正しい誇張表現の使い方

04

誇張表現は、
必ずしもマイナス要因と
なるわけではありません。

「言われなくても、
 毎日頑張っていますね。」

「周りに対する心遣いを、
 毎日見ていて、
 本当に感心するよ。」

このように、

 「勇気づけ」

する際に
誇張表現を利用するのが、
正しい方法なのです。

部下が仕事で失敗しても、

正しい誇張表現を使えば、
部下を素直にすることが
できます。

「毎日、仕事を頑張っているのは、
 知っているよ。
 本当に感心している。
 しかし、昨日こんな問題が
 発生してしまったんだ。
 何か、解決策はありますか?」

すると、
部下も自分の失敗に対して

冷静に受け止め、
改善策を考えます。

叱らなくても、
指導の仕方次第で、

部下は大きく育つ
良い例でしょう。

 

まとめ

05
みのるコーチ
はい、まとめましょう!!

(1)失敗の誇張では、
   部下は育たない。

(2)誇張表現で
   怒りを発散させない。

(3)上司的感情と権威では、
   部下は育たない。

(4)誇張表現は、
   「勇気づけ」の際に
   使用する。

(5)良い点を誇張すれば、
   相手に冷静な思考を
   与えられる。

のぞみ
ありがとうございました。

「誇張表現」「勇気づけ」の際に使用するのが良いのですね。相手が「冷静」に判断できるように!。実践します!(^^)。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です