アドラー心理学:「部下」が次のステップの糧にできる【注意の与え方】とは?

鷹羽詩みのる
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー鷹羽詩みのるです。こんにちは。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー。今回も、リーダーであるあなたが参考にして頂ける情報をシェアしていきます!!(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで【貢献型】リーダーを目指す「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
よろしくお願いします。【貢献型】リーダーを目指して頑張っています!

今回も楽しみながらサポートさせて頂きますっ!

鷹羽詩みのる
はい、よろしくお願いします。では、いってみましょ~。

アドラー心理学に基づき、

部下を指導する
場合には、

感情を交えず、
相手を傷つけることなく

改善点を
明確に伝えるべき
という事になります。

しかし、
上司として

自己の感情を交えず
部下を傷つけることなく
注意するためには、

どうすれば
良いのでしょうか?

その方法について、
解説していきます。

 

職場全員の前で叱らず「一対一」で注意する

02

職場に、

 「部下のことを
  道具のように扱う」

上司はいないでしょうか?

指導する際は
常に感情的になり、

職場メンバー全員の前で

 「何やってるんだ。
  気が抜けてるだろ」

 「1件も成約がないのに、
  よく帰ってきたな」

など、

 「部下のことを叱らなければ
  動かない」

という先入観に
縛られているのです。

このような上司は、
部下からも信頼されず、

上司も部下のことを
信頼していません。

このような上司の方に
知っていただきたいことが
あります。

まず、
部下という立場の人も

 「人間としての
  プライド」

があります。

相手のプライドを
傷つけるようなことに
なるならば、

別室で
正しく指導することが
原則です。

別室で
正しく指導すれば

失敗の原因を
自発的に考える余裕

与えることが
できるからです。

 

本人に了承を得て「失敗」を次の糧として利用する

03

部下の
失敗というのは、

社内において
生きた教材となります。

上司が部下から
了承を得ず、

「○○くんは、
 こんなことをして
 こんな失敗をしたんだ。

 みんなも、気をつけて
 ほしいと思う。」

このような説明の仕方を
されたら、

上司が自分の失敗を
周囲に言いふらしたと
思うでしょう。

まず、部下の失敗を
社内で共有したいと
考えるならば、

部下の了承を得ることが
絶対です。

そして、
上司から説明するのではなく、

部下本人の口から
説明してもらいます。

これにより
自分の中で

 「失敗した出来事を
  整理する」

ことができ、
自分にとって
次の一歩の糧とする
ことができます。

また、社内でも
失敗を防ぐための
貴重な情報となります。

 

全体の「一部に対して」正しく指導する

04

上司が、
部下の指導をする際、

過去の失敗を
引き合いに出し、

「過度の一般化」
行ってしまう場合があります。

「○○さんは、
 いつも失敗して
 ばかりだね。」

「あれもこれも、
 すべて同じような
 失敗じゃないか。」

部下も会社に
所属している以上、

少なからず
貢献しています。

「過度の一般化」による
表現をすることで

業務内容すべてが
マイナス行動で
あるかのような

発言をしないように
することが大切です。

一部の間違いについて、
正しく指導することが

アドラーの提唱している
信頼が得られる
注意の与え方です。

 

まとめ

05
鷹羽詩みのる
まとめです!!(^^)

(1)部下への指導は、
   「改善点」を明確に伝える

(2)相手の立場を意識して、
   「一対一」での指導を心掛ける

(3)「成長の糧」とできる
   指導を心掛ける

(4)「過度の一般化」による
   指導ではなく、
   一部に対して「改善」を求める

のぞみ
今回も、ありがとうございました。

「注意の与え方」大切ですね。参考にして実践に採り入れたいと思います。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です