アドラー心理学:小さな「進歩」を認める事が大きな【勇気づけ】となり「最高の職場環境」が作られる

鷹羽詩みのる
戦略脳コミュニケーション最適化プロデューサー鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー、今回も、「リーダー」のあなたに最適なコンテンツを提供します(^^)。

サポート役は、「管理職」になりたてで、ワンランク上のリーダーを目指す「輝月のぞみ」さんです!。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
こんにちは。輝月のぞみです。今回もよろしくお願いします。
鷹羽詩みのる
はい、お願いします。今回も、元気にいきましょう。

今回は、「小さな「進歩」を認める事が大きな【勇気づけ】となり「最高の職場環境」が作られる」というお話です。

部下を指導教育する場合、

 「過度の一般化」

を行っていないでしょうか?

信頼が得られない
上司というのは、

部下に対して
アドバイスをする場合、

全く無関係な話を
持ち出してしまうものです。

今回は、
アドラーの提唱している

 「勇気づけ」

によって、

部下に
成長してもらう方法を

ご紹介したいと思います。

 

過度の一般化が、仕事意欲の低下につながる

02
鷹羽詩みのる
「過度の一般化」していませんか…?

「過度の一般化」

とは、

目の前で
発生している事象とは、

全く別のことを
話に持ち込み、

様々なことで
相手を責めることを
意味しています。

全く無関係な話を
持ち出されて

指導教育された
部下というのは、

自分は全体的に
ダメな人間であると

人間否定されたかのような
気持ちになります。

そのため、

 「全体的な
  パフォーマンスが
  下がり」、

仕事意欲が
低下してしまうのです。

のぞみ
ドキッ(>_<;、心当たりあります…。

 

過度の一般化が、問題になってしまう具体的な事例

03_
鷹羽詩みのる
こんな事で、「ヤル気」を失ってしまうこと、ありますよね…。

これから

 「過度の一般化」

が、非常に
問題になってしまう事例を
ご紹介したいと思います。

山田さんという女性は、
職場でリーダーになるほど、

しっかりとした
仕事ができるのですが、

 「掃除」

が非常に苦手でした。

そのことが原因で、
職場の上司に、

 「なんでいつも、
  周辺の掃除が
  できていないの?」

と仕事中に
何度も言われた結果、

意固地に
なってしまいました。

上司は、

周辺の掃除を行い、
現状を改善してほしい
という思いから、

何度も、
アドバイスを
行っていましたが、

一方で、山田さんは、

 「掃除に対するやる気」

を、失っていくこと
なりました。

のぞみ
「出来ていないところ」に目がいくと、「いつも、いつも、出来てない!」と指摘してしまいがちですね…。私も反省です…。

 

山田さんが勇気づけによって、掃除上手になるきっかけ

04
鷹羽詩みのる
「勇気づけ」の大切さ、改めて確認しましょう…。

アドラーは、

「褒める」ことも
「叱る」ことも良しとせず、

 【勇気づけ】

こそが
最大の効果を発揮すると

提唱しています。

ある日、
山田さんの職場の同僚が

 「山田さん以前よりも、
  掃除上手になりましたよね。」

ということを言ったのです。

それを言われた瞬間に
山田さんは、

 「これぐらいの
  掃除ならできる」

と、強く思ったそうです。

その日から、
山田さんの掃除能力が
向上したことは、

言うまでもありません。

この事例から
明確に理解すべきことは、

職場内で

 「誰かの小さな進歩」

に気づいたのであれば、
それを周囲が
認めてあげることが

大切だということです。

誰から
言われるわけでもなく

 「自然と
  周囲のメンバーの
  と良い点を認め合い」

誰のどのような行動で、
どんなふうに
助かったのかを

明確に伝え合える
相互の関係ができるのが、

 【最高の職場環境】

だと言えるでしょう。

のぞみ
【勇気づけ】は大切ですね。「小さな進歩」をそのまま認める。改めて、確認しました!

 

まとめ

05
鷹羽詩みのる
はい、それでは、まとめましょう…。

(1)過度の一般化とは、
   目の前で発生している
   事象と、

   全く別のことも含めて
   責めること

(2)過度の一般化は、
   人間否定につながる

(3)過度の一般化は、
   仕事意欲の低下につながる

(4)小さな進歩を
   認めることが大切

(5)お互いの進歩を承認できる
   環境作成が最高!

のぞみ
ありがとうございました。

お互いの「進歩」を承認できる環境、これを作っていきたいです。「少し良くなったところ」に注目して行こうと思いました。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です