アドラーの言葉:経験に対する「意味づけ」

【アドラーの言葉】

いかなる経験も、

それ自体では、

成功の原因でも

失敗の原因でもない。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

何か失敗をした時、

 ・トラウマがあった
 ・家が貧しかった

などの出来事を
原因ととらえる考え方を

アドラーは否定します。

「いかなる経験」

つまり、

起きた出来事や、
育った環境など…、

それ自体は、
単なる「事実」に
過ぎません。

同じ経験をした人でも、

挫折して
失敗した人もいれば、

努力して
成功した人もいます。

つまり、

「経験それ自体では
 成功の原因でも
 失敗の原因でもない。」

という事になります。

それでは、

 「それ(経験)自体」

が原因でないとすると、
何が違うのでしょうか…。

これは、

 「それ(経験)に対する解釈」

に違いがある
という事なのです。

アドラー心理学では、

 【意味づけ】

と呼んでいますが、
経験をどう「意味づけ」するか
によって、

人が選ぶ行動が変わり、

そして、
結果が変わります。

だから、

少しでも自分の行動や、
それに伴う結果を

良いものにするために、

こんな風に考えてみては、
いかがでしょうか…。

◆◆◆◆

現在、起きている事も、

過去の経験も、

自分が「意味づけ」できる。

だから、

「自分がどんな意味づけしたら
 良い結果になるんだろう。」

っと、例によって、
天井裏からのぞき込む感じで

見てみましょう…。

◆◆◆◆

そうそう、
過去のことについても…、です。

「過去と他人は変えられない。」

と言われますが、
実際には、

「過去の事実は
 変えられなくても、

 その意味づけ(解釈)は
 変える事ができる。」

と言えるわけですから…。

これからの行動の、

 「成功」と「失敗」

変わってくるかも、
知れませんね…。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です