アドラーの言葉:【幸福】になる唯一の道

【アドラーの言葉】

自分だけでなく、

仲間の利益を大切にすること。

受け取るよりも多く、

相手に与えること。

幸福になる唯一の道である。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

他者に貢献する事から
はじめて、

「共同体感覚」を持ち、
自分も「支援」される…。

これが、
幸せに生きるためには

大切である…、
という考え。

現代の自己啓発で
説かれる考えでは、

当たり前のよう
になっている概念も、

100年前に
アドラーが提唱した時には

 「科学でない」

と批判を受けました。

これ、

 「アドラーの理論は世の中より
  1世紀早すぎた」

と言われる所以です。

さて、

アドラーは

 「共同体感覚」

をもつことの大切さを
繰り返し強調していますが、

この「共同体感覚」について、

 「他者に対する貢献」

が発端となり、
形成されると説きました。

この「他者に対する貢献」が
発端になり、

 「返報性の法則」

により

 「他者からの支援」

を受け、
その繰り返しにより、

 【共同体感覚】

が育っていくものです。

 

 

「孤独」だ、
と思ってしまった時、

こんな風に考えれば…、と、
僕は思います。

鷹羽詩みのる
自分の居場所がない、

と思ってしまう時には…。

手を差し伸べて
もらうのを待つより、

◆◆◆◆

どうしたら周囲に
「貢献」できるかを考えて

◆◆◆◆

行動するところから、
始めてみませんか?

その結果、
他者から「お返し」として
「支援」を受けることができ、

「共同体感覚」を
持つことができます。

まずは、
他者に「貢献」したいと
思うこと…。

鷹羽詩みのる
準備ができたら、
はじめましょうね…(^^)。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です