アドラーの言葉:【劣等感】をどう扱うか

【アドラーの言葉】

劣等感を抱くこと自体は

不健全ではない。

劣等感をどう扱うかが

問われているのだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラーは、

 「器官劣等性」と
 「劣等感」と
 「劣等コンプレックス」

の3つを明確に区別しました。

 

アドラー
◆「器官劣等性」

 視力が弱い、背が低い、
 胃腸が弱いなど、

 具体的な事実として
 劣った性質。

◆「劣等感」

 自分が劣っていると
 「主観的に思う」こと。

 「器官劣等性」が
 あったとしても、

 「劣等感」を
 抱くこともあるし、
 抱かないこともある。

 ⇒ あくまでも主観的なもの。

◆「劣等コンプレックス」

 「劣等感」を言い訳にして、
 人生の課題から逃げ出すこと。

 

そして、この

 「劣等感」

を抱くこと自体は
不健全でないですね。

「主観的」に劣っていると
思うものので、

この「劣等感」を
バネにして、

頑張った結果、

仕事やプライベートの

 「課題」

をクリアしている人は
素晴らしいですね。

こういう人は、

「劣等コンプレックス」は
持っていない

という事になります。

そして、「不健全」なのは、

 「劣等コンプレックス」

というもので、

 「遺伝で記憶力が悪いから
  勉強ができない」

 「貧しい環境で育ったから
  暗い性格になった」

といった考えを持つことです。

 

 

さて、

あなたが

 「劣等感」

を持っている場合、それが

 「劣等コンプレックス」

に繋がっていないか、
チェックしてみましょう。

もし「自分の課題」から逃げる

 「劣等コンプレックス」

に繋がっている場合、
こんなポイントが大切です。

◆◆◆◆

 ・方向を少し変える

 ・成功イメージを持つ

 ・一歩踏み出す勇気を持つ

◆◆◆◆

鷹羽詩みのる
大丈夫です。

あなたは、今までも、
良く頑張ってきていますから。

そして、ここからは、少し

 「考える」方向

を変えましょう。

「劣等コンプレックス」
から離れて、

「あの」課題を
克服する事を

考えましょう。

あなたならできると、
僕は信じています。

いつも応援しています。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です