アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

鷹羽詩みのる
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ
鷹羽詩みのる です。こんにちは。
ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、
組織の【人材強化】を応援しています。
⇒【プロフィール】
⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【僕の想い】

今回は、

「アドラー心理学」の中でも中心的な考え方の

【目的論】

についてのお話です。

【目的論】の対局にあるのは【原因論】です。

 

【原因論】

日本で有名な心理学者ユングやフロイトによって提唱された

「感情や行動は過去の原因から生み出される」

という考え方。

 

アドラー心理学の【目的論】

「全ての感情や行動はある目的を達成するために生み出される」

という考え方で、「問題解決」と「目標達成」に適している。

 

と大別できます。

 

鷹羽詩みのる
さて、今回のアシスタントは、渕矢 愛夢(ふちや らむ)ちゃんです。
愛夢
アシスタントを務めさせていただきます。よろしくお願いします。
鷹羽詩みのる
今回はなるべく分かりやすくするために、

幾つかのトピックについて

「原因論」「目的論」の比較をしながら解説します。

 

基本的な考え方

ad
鷹羽詩みのる
まずは「基本的な考え方」からです!。
【原因論】

「感情や行動は過去の原因から生み出される」

【目的論】

「全ての感情や行動はある目的を達成するために生み出される」

 

愛夢
その名の通り、

【原因】を主体に考えるか、【目的】を主体に考えるかってことですね。

鷹羽詩みのる
例を挙げてみましょうか…。

例1)「泣いている子供」がいるとします。

【原因論】

「イジメられた」とか、「テストで0点だった」とかの原因を考えます。

【目的論】

「注目してほしい」とか「要求を受け入れてほしい」とかの目的を考えます。

(「転んだと」とか「イジメられた」とかは【後づけ】と考えます。)

 

鷹羽詩みのる
こんな例もあります…。
アドラー心理学:全体論」でも書いた飲み会の話…。

例2)「飲み会を断る」という行動に対して

【原因論】

「体調が悪い」という原因を考えます。

【目的論】

「行かない。(行きたくない。)」という目的を考えます。

(体調が悪いのは【後づけ】です)

 

過去・未来

3
鷹羽詩みのる
考え方の方向を「過去」と「未来」で考えると…。

【原因論】

【過去志向】です。

「過去」の原因】が「現在」に支配的な影響を及ぼしているという考え方です。

【目的論】

【未来志向】です。

「未来」の目的】が「現在」を規定するという考え方です。

 

愛夢
なるほど。【目的論】は「未来志向」なんですね。

 

アプローチ

4
鷹羽詩みのる
アプローチとしては…。

【原因論】

「原因」があって「結果」(つまり「現在」)があるという考え。

【目的論】

「目的」があるので、現在を良くする「手段」を考えようという特性があります。

 

愛夢
このあたりが、「問題解決」「目標達成」に適した考え方と言えるところですね。

 

望ましくない状態にある時

5
鷹羽詩みのる
望ましくない状態にある時を考えると…。

【原因論】

望ましくない状況になった「原因」がある、と考える。

【目的論】

望ましくない状況にあり続ける「目的」があると考える。

 

愛夢
「望ましくない状況」にあり続ける「目的」って、どんな感じでしょう・・・?
鷹羽詩みのる
例を挙げてみますね。

例1)「喫煙」

【原因論】

喫煙を始めて、辞められない「原因」があると考えます。

【目的論】

喫煙を続ける「目的」があると考えます。

 

鷹羽詩みのる
こんな例もあります。

例2)「片付けできない人」

【原因論】:

「片付けできない」原因があると考えます。

【目的論】:

「片付けていない状態」を続ける「目的」があると考えます。

 

愛夢
「望ましくない状況」にも、「目的」があるってことなんですね。

 

本人の意思

6
鷹羽詩みのる
本人の意思についてです…。

【原因論】

意思は問われない(個人の場合は希薄か主体性なし)

【目的論】

意思が問われる(個人の主体性あり)

 

愛夢
そうなんですね…。【目的論】は「主体性」あり

 

本人の立場

7
鷹羽詩みのる
本人の立場で考えると…。

【原因論】

環境の影響を受ける「受動的立場」(被害者・犠牲者意識が強い)

【目的論】

「創造的な当事者の立場」(当事者意識が強い)

 

愛夢
【目的論】は「当事者意識」も強い

 

勇気

8
鷹羽詩みのる
アドラー心理学で重要な「勇気」の部分…。

【原因論】

本人の勇気をくじく(勇気くじき

※受動的な原因を明らかにするので、本人の勇気をくじく場合が多いのです。

【目的論】

本人に勇気を与える(勇気づけ

※目的を明確にし、目的に向かう手段を考えるため勇気づけになります。

 

愛夢
【目的論】は「勇気づけ」なんですね!

 

提唱

ad
鷹羽詩みのる
これは基礎知識ですね。

【原因論】

ユングやフロイトの心理学(精神分析の元)

【目的論】

アドラー心理学

 

問題解決の考え方

9
鷹羽詩みのる
「問題解決」についてもう少し…。

【原因論】

受動的立場にある本人の「問題解決」になりにくい。

【目的論】

目的を考える当事者の「問題解決」を考えやすい。

 

愛夢
例えば…?
鷹羽詩みのる
例えば「不登校」の生徒がいるとします。

例1)「不登校」の生徒の場合

【原因論】

原因を考えます。

・母子関係に問題があった。
・環境の問題があった。
・生育歴上の問題があった。

⇒これらの「原因」からは、「問題解決」には繋がりにくいといえます。

【目的論】

目的を考えます。

・親の愛情を独占したい
・教師の体罰に対する復讐
・同級生に気にかけて欲しい

⇒この【目的】からは「不登校」解決を考えやすいのです。

具体的には、

「本人」と「周囲」の協力で、
「不登校」が無くともこれらの【目的】が達成できる「手段」を考える

あるいは、

これらの【目的】の先にある【その先の目的】を深掘りして、
その【本当の目的】のための「手段」を考える

という事なのです。

 

愛夢
なるほど。

【目的】があれば、その「手段」を考える事で、「解決」へ向けて動き出す

そして

【目的】の先の【本当の目的】も大切という事になるんですね。

 

まとめ

10
鷹羽詩みのる
それでは「まとめ」ますね。
比較 原因論 目的論
感情・行動 感情や行動は
過去の原因から生み出される
全ての感情や行動は
ある目的を達成するために生み出される
過去・未来 過去志向
過去の原因が現在に支配的な影響を及ぼす
未来志向
未来の目標が現在を規定する
アプローチ 原因→結果 目的

手段
望ましくない状況  望ましくない状態になった原因が
過去の経験にある
望ましくない状態であり続ける
目的がある
本人の意思  意思は問われない
(個人の場合は希薄か主体性なし)
意思が問われる
(個人の主体性あり)
立場  環境の影響を受ける受動的立場
(被害者・犠牲者意識が強い)
 創造的な当事者の立場
(当事者意識が強い)
勇気 本人の勇気をくじく
(勇気くじき)
本人に勇気をあたえる
(勇気づけ)
提唱  ユングやフロイトの心理学
(精神分析の元)
アドラー心理学

 

 

特性

11
鷹羽詩みのる
特性についてです!。

【原因論】【目的論】は、どちらが「良い」という考えではありません。

さきほど解説した通り、それぞれに「特性」があるという事を分かってくださいね。

その、最大の「特性」は、

【原因論】

「分析」や「解説」には適している。

【目的論】

「問題解決」と「目標達成」に適した考え方。

という事なのです。ここに注目してください!

 

鷹羽詩みのる
らむちゃん、サポート役ありがとうございました。

協力していただけて、本当に嬉しいです!

愛夢
サポートできて嬉しかったです。そして、とっても勉強になりました!
鷹羽詩みのる
それでは、今回はこのへんで、さよう~なら~♪

 

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
LINEお友だち追加で、お得情報が届きます
友だち追加
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です