アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

みのる
高橋みのるです。こんにちわ。

今回のアドラー心理学は、「共同体感覚」についてお伝えします。

この「共同体感覚」は、
ちょっと難しい概念ですが、

今回 解説は

輝月 希望(きづき のぞみ)さんにお願いしようと思います。

では、のぞみさん!、よろしくお願いします。

■共同体感覚とは?

のぞみ

はい、よろしくお願いします。

まずは、共同体感覚とは?、について見ていきましょう。

人は、
生まれる時も死ぬ時も一人です。

ですが、
一歩この世に生まれ出れば、

途端に一人では生きて行くことが
できなくなります。

生まれたばかりの赤ちゃんは
放置されると死んでしまいます。

では、
食事を与えられれば
それでいいのでしょうか?

一日中、
親から罵倒や暴力を受けて育つと
どうなるのでしょうか。

自分は何の価値もないと
思ってしまいます。

ましてや家族、
教師などに価値のない人間だ
などと言われてしまうと、

自分は何にも出来ないと
思い込むようになります。

そうすると当然、
精神を病んでしまい、

うつ病などになり
命さえもままならない状況に
なっていきます。

共同体感覚とは、

 「自信にみなぎり、
   誰か(共同体)に
   何かをしてあげたいと
   思う気持ちが大きい状態」

なのです。

 

さて、

信頼していた恋人に別れを告げられ、
それが彼の浮気だったということが
後になり分かったら、

どんな気持ちになりますか?
共同体感覚は
3つの要素からなります。

彼に裏切られたということは、
アドラーの共同体感覚では、

 「他者信頼」

の要素が亡くなったと考えます。

■3つの要素

2
のぞみ
次に、共同体感覚の3つの要素についてです。

アドラーの共同体感覚は、

 ・他者信頼:
   他人は自分を保障してくれる

 ・自己信頼:
   自分は他人に何か出来る」、

 ・所属感:
   自分と他人の関係に満足している感覚

の3つの要素がそろった時
はじめて成立する感覚です。

家族、恋人や友人と旅行に出かけて、
夏の夜空に浮かぶきれいな花火を
眺めている時に
しみじみ感じるあの感覚です。

先ほどの話に戻りますと、
彼に浮気され、
彼に対しての他者信頼が
なくなったあなたは、

彼との共同体感覚が
生まれなくなる

ということになります。

その結果が

 別れ

だということになるのです。

 

■他者信頼と自己信頼

3
のぞみ
それでは、他社信頼と自己信頼いついて、例を上げてご紹介します。

大昔、
人々はお金がなかったので
物々交換をしていました。

Aさんは農業を、
Bさんは狩猟をしていたと
しましょう。

冬は作物が取れません。

この時BさんはAさんに
狩猟で得た動物の肉を
与えるでしょうか?

Aさんがこういったとしましょう。

「春になれば新しい作物が
実るので待ってください。」

この時Bさんは
2種類の行動がとれるはずです。

1つ目は、
Aさんに食べ物を渡さない
という行動です。

アドラーの共同体感覚で言えば、

「(Aという)他者は、
   自分を保障しない。」

ですね。

そうするとBさんにとって、

Aさんとの共同体感覚

 他者信頼が欠如

しているので、
成立しないことになります。

だからBさんは
Aさんに狩猟で得たお肉を
渡さなかったというわけです。

 

2つ目は、
Aさんにお肉を渡すという行動です。

お肉と農作物の交換
という視点でみれば、

確かにAさんはBさんに対して、

自己信頼
(自分は他人に何か出来る:
農作物を渡す)

が欠如していることになります。

BさんはAさんとの関係において、

 他者信頼
  (Aさんから農作物による保障)

がない状態ですね。

なのに、
どうしてBさんは
Aさんにお肉をあげたのでしょうか?

 

■優先すべきは?

4
のぞみ
他者信頼と自己信頼どちらを優先させるべきでしょうか…?

お肉をあげたBさんの状況を、
アドラーの共同体感覚で
考えてみます。

Bさんにとって、
Aさんとの関係において、

 他者信頼
  (AさんはBさんを冬の間保障してくれる)

という要素が欠如したことになります。

ですが、Bさんは、他者信頼よりも、

自己信頼(自分はAさんにお肉をあげて、
Aさんを助けることができる)を
優先させたのです。

Aさんは、Bさんに深く感謝しました。
Bさんは人に感謝されたことが
なかったのでした。

 

■自己信頼>他者信頼

5
のぞみ
自己信頼は、常に大きな存在なのです。

Bさんは、

自己信頼を他者信頼よりも優先

させる勇気を持つことが出来たので、

その結果Aさんからは、
農作物という保証とは別に、

深い感謝を受けたことで、

 精神的な保障(他者信頼)

を受け取ることができました。

その結果、
BさんはAさんとの関係性において、

 共同体感覚

を持つことができました。
もちろんAさんもです。

 

■大切な事は…

6
のぞみ
根底にある共通の目的を理解し合うことが大切なのです。

ここで、

Bさんは、Aさんが春になれば
農作物が取れるということが、
わかっているので、

狩猟で獲得したお肉を
今回だけという気持ちで
渡したとしましょう。

理由はともあれ、

Bさんは、Aさんからの他者信頼を保留

と言う形にしたので、

Aさんと共同体感覚を
持つことができます。

もちろんAさんもです。

ですが、来年の春になり
こんなことがわかったとします。

Aさんが種を秋にまいておくことを
忘れていたことがわかり、

春になっても
農作物は育たなかったとします。

ですが、Bさんは

 自己信頼(自分は他人に何かできる)

を優先させて、
2度目のお肉をAさんにあげます。

一般的な感覚で言えば、
Aさんは2度も農作物をBさんに
渡していないので、

自己信頼ができていないと
自分を責めるはずです。

ですが、もう一方で、
Aさんはこう思っているはずです。

今度の夏に農作物が出来たら
Bさんには冬、春の分以上の
農作物をあげたいと。

 

■他者信頼には許しを自己信頼はアクションを

7
のぞみ
他者信頼には「許し」が必要で、自己信頼は「アクション」が必要になります。

AさんとBさんの関係は、

 親と子供の関係

にも当てはめることが出来ます。

中学校を卒業するころまでは、
100点に近い点数ばかり
取っていた子供が、

高校に入った途端、
勉強についていけずに
落第生になったとします。

子供が落第するまでは、
子供と親の関係は
共同体感覚が維持できていたのに、

突然子供は、

 自己信頼
  (自分は親にテストでいい点をとり
    親に安心を保障する)

が欠如するのです。

ここで親がテストの点数が
悪いからといって、

強く責めると、
子供は親との共同体感覚を
取り戻せないことになります。

ですが、
親が落第生になった子供を
以前と、同じ態度で
暖かく接していれば、

子供は
自己信頼が崩れずにすむので、

親との共同体感覚を
続けることができます。

これは、

 家族関係

でも言えます。

夫が就職先を退職し
無職になってしまった場合など

人生には色々な問題が
起こってきます。

この時、
自己信頼を失った夫は、
実際に無職でいるのですから、

家族に対する自己信頼

は減っています。

ここで、妻が許し、
まるで無職になる前のように
暖かく接したとしましょう。

夫は妻の許しを、

 自己信頼の追加分

として受け止めます。

夫が無職である間も、
家族の絆である

 共同体感覚

が夫婦間で途切れなかったのは、

夫婦が同じ目標に向かっており、
その目標を共有していたからです。

ここでいう目標は
夫が再就職するという目標です。

ここで、
夫がいつまでも無職でいいやと
努力しなければ

共同体感覚のうち、

 夫の自己信頼

が欠如しますので
成立不可能になります。

 

■所属感は自分が決める

8
のぞみ
次に「所属感」についてのお話です…。

所属感は、
共同体に所属している感覚です。

所属感=共同体に所属したいという気持ちの度合い

恋人同士であれば、
相手を好きだと思うこと、

家族の場合もそうですね。

その感覚は、
自己信頼や他者信頼をも
強く高くしていきます。

 

■まとめ

9
のぞみ
それでは、まとめです…。

・共同体感覚=自己信頼+他者信頼+所属感

・自己信頼>他者信頼

・目標の共有

・目標の共有をした場合における、立場の強い者:
  自己信頼を優先させる。

・目標の共有をした場合における、立場の弱い者:
  立場の強い者の自己信頼を自分の自己信頼に置き換え、
   将来の自己信頼の実現につなげる。
   (自分が無職になっても家族は支えてくれた。
   だから、自分は仕事をもった暁には、
   家族に貢献したいと、より強く思うということ。)

 

みのる
はい、のぞみさん。ありがとうございました。

難しいお題でしたが、しっかりと解説して頂けて、嬉しいです。

のぞみさんの「自己信頼」、僕の「他社信頼」、そして、両者の「このブログへの共同体感覚」が高まったと言えそうですね。

お疲れさまでした!!。

 

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です