アドラーの言葉:個人は、社会的な文脈においてのみ、個人となるのだ。

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

【アドラーの言葉】

アドラー
個人は、

社会的な文脈においてのみ、

個人となるのだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

ここで、「社会的な文脈のない個人」とは、

 「他者との関係を全く持たない、純粋な「個人」の存在」

という意味で、アドラー心理学では、
このような個人の存在を否定しています。

したがって、アドラー心理学では、

 「人間のさまざまな問題は【対人関係の問題】」

ととらえています。

これに対して、例えば、医学・科学の分野では、

「人間」を他者とは切り離した
独立した「個」とみなす事があります。

ここで、ちょっと考えてみましょう。

自分が自分らしくいられるのも、
他者がいるからそこ。

記憶力が弱い、背が低いといった、
個人的な悩みに思える事も、

やはり、他者がいるからこその問題なのです。

 

 

個人は、社会的な文脈においてのみ、
個人となるのだ。

そうそう、このように、

社会的な文脈においてのみ、「個人」となるのだから、
アドラーの言うように、

たかはしみのる
他者に関心を持って、

他者との関係を良くして、

他者に貢献する生き方が

できるのが、

本当に幸せな生き方

だと、僕は思います。

他者に関心をもつこと、これが第一歩ですね!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です