アドラーの言葉:「意識」と「無意識」の間に明確な境界線はない。どちらも同じ【目的】に向かっている。

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

【アドラーの言葉】

アドラー
「意識」と「無意識」の間に

明確な境界線はない。

どちらも同じ目的に

向かっているのだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

 

精神分析学者の「フロイト」の功績に
「無意識」の発見があります。

「【無意識】が、
 人間の【意識】にかかわらず働く」

という主張です。

これは「2元論」の考えで

「意識」と「無意識」を
2つに分けて考えることです。

例えば、

普段はまじめに仕事をしている人が、
自らも考えないような犯罪を
してしまうということは、この

 「【無意識】が原因だ」

という考えです。

しかし、アドラーは、この「2元論」を

【完全に否定】します。

———-
アドラー心理学:「個人心理学」は「全体論」(=分割できない個人)というお話
https://coach-minoru.com/holism/
———-

でもお話した

 【全体論】

の考え方です。

アドラー心理学は、

「分割することのできない【個人】の心理学」

という意味で

 【個人心理学】

と呼ばれます。

「2元論」では、分割されて考えられた、

 ・「感情」と「理性」
 ・「心」と「体」

といったものに対して、

 「【対立】ではなく
  【協力】して同じ目的に向かっている」

という立場をとっています。

「分業」しているという考え方です。

この考え、僕は、とても素敵な概念だと思います。

僕たち個人の中では「2元論」的な
「対立」や「葛藤」はなく、

常に【協力】して「目的」に向かっている。

「アクセル」と「ブレーキ」は
対立する関係ではなく、

「目的地」に到達するために、
【協力】する関係であるという事ですから…。

そう考えると、

 「人間は、とても力強い存在だ」

と、思えるのです。

たかはしみのる
いつも、応援しています!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です