アドラーの言葉:【意味づけ】は完全には「正しくない」

【アドラーの言葉】

人はみずからの意味づけを離れて

生きることはできない。

それゆえ、意味づけは、

それが完全に正しいことは

ありえない。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

「意味付け」という言葉は、
アドラー心理学で、自分の

 ・見方
 ・考え方

を指し示す言葉です。

そして、アドラーが

 「それゆえ、意味づけは、
  それが完全に正しいことは
  ありえない。」

というのは、人間は

 「自分の見方・考え方」

を通して、常に「主観的」に
物事を認識するという
考え方に基づいています。

「客観的に見て…。」
という事は、あり得ず、

その言葉の中に、
既に「主観」が入っています。

 

多かれ少なかれ、
人は自分の色眼鏡でしか

物事を認識できないので、
考えで、これを

 【認知論】

と呼びます。

 

だから、
こんな風に僕は思います。

僕たちは、
主観的な意味付けをして

全ての出来事・物事を
把握するのだから、

◆◆◆◆

出来事・物事に対して
人生を有意義に過ごせる

 「意味づけ」

をする事が、
その人の「幸せ」につながる。

◆◆◆◆

アドラーは、
それを教えてくれています…。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です