アドラーの言葉:「その問題」を放置した場合に困るのは【誰】か…

【アドラーの言葉】

あなたが悩んでいる問題は

本当に

「あなたの問題」だろうか。

その問題を放置した場合に

困るのは誰か、

冷静に考えてみることだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラー心理学では

 【課題の分離】

を大切にします。

これは、

 「それは誰の課題か?」

という問いを大切にして、

他者の課題に、
土足で踏み込まない、

自分の課題に、
他者に踏み込まれない、

という事を重視しています。

 

 

例えば、
子供が勉強をしない場合。

「もっと勉強しなさい!」

と叱る親は多いですね。

ここで、
アドラーの言葉を
思い出しましょう。

「勉強する」という課題は、
いったい誰の課題かという
ことです…。

別の言い方では、

「その問題を放置した場合、
 不利益を被るのは誰か?」

ということです。

これは、明らかに、
子供の課題であって、

この課題に、
親は土足で踏み込むべきでは
ありません。

「いい学校に入りなさい。」

「勉強しなさい。」

と、親の思う通りに
コントロールしようとすると、

子供は、
支配されることを拒絶し

 「反発」

が生まれる可能性があります。

では、この場合の、
親の課題は何でしょう?

親は人生の先輩として、

 「知識」・
 「経験」

があります。

勉強した場合/しない場合、

優秀な学校に行った場合/
行かなかった場合

この先、行きていく上で、
どんな違いが出てくるか、

 「伝えて行く事」

は、親の課題となりますね。

そして、
子供が勉強したいと言えば、

 「教育を受ける支援をする事」

も、親の課題です。

それら、
親の課題に向き合い、

あとは、
子供を信じて、
子供に任せる

 【勇気】

これが必要なのだと、
アドラーは説いています。

これは、
「親子関係」に限らず、

あらゆる【人間関係】で、
言えることです。

 

 

どんな人間関係でも、

他人の課題に
土足で踏み込んでは
いけません。

だから、

こんな言葉を繰り返し、
自分に投げかけてみては、

いかがでしょうか…。

鷹羽詩みのる
本当に「自分の問題」かを

見分けよう。

「自分の問題」を解決する事に

集中しよう。

簡単なことのようですが、
どうしても、

 「他者の問題」

が気になってしまう事が
多いものです。

冷静に、原点に戻って、

「自分の問題」かを

再度確認してみましょうね…。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です