アドラーの言葉:【ベスト】を尽くす

【アドラーの言葉】

ベストを尽くす。

そして、

葉っぱが落ちるべきときは

落ちるにまかせる。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

アドラーは、

 「運命論」

を否定します。

「運命論」は、

もっともらしい
「言い訳」で、

未来に対して
「悲観的」になる言い訳を

人間に与えます。

 「~だから、
  ~できない…」

この考えだと、
前へ進めませんよね…。

それに対して、アドラーは、
この言葉の中で、

 「ベストを尽くす。」

という極めて大切な事を
言っています。

 

 

僕は、
こんな風に思います。

鷹羽詩みのる
自分の意思とは違う

 「運命」

が襲ってきたとき、

 「はい、そうですか。」

と、

ただただ、受け入れて

 「不幸」

を嘆くなんて、
「まっぴら」ですよね。

だったら、

今、

ここで、

 「【ベスト】を尽くす!」

これが大切!

「結果」は
同じかも知れません。

しかし、それより、

「運命」と思うことを

 【どう解釈】

して、「自由意思」で、

 【どう行動】

したか…、
これが大切なのだと、
アドラーは言っているのです。

等身大の自分で、

 【今やれること】

を、精一杯やってみましょう!

あなたなら出来ると、
僕は信じています!

応援しています!(^^)

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です