「ネガティブ感情」を【可視化】する

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

怒りや悲しみといった、

 「ネガティブな感情」

を抱えてしまったとき、

あなたは、
どう対処していますか?

ネガティブな感情を
相手にぶつけてしまうのは、

 「関係が悪化」

する事もあり、時には、

 「自分を傷つける」

こともあるので、
お勧めできません…。

ここでは、

 「可視化(見える化)」

をして

 「心の負担を小さく」

してみませんか…?

僕は、

こんな風にすれば良いかなっと

思っています…。

鷹羽詩みのる
1.怒りや憎しみの感情が
  生じたら、
  自分の「怒りマックス」の

   【何パーセント】?

  と考えて、書き出す。
  (思いっきり100%!とか…)

  ↓

2.該当の感情(怒り・憎しみ)に
  関連した事実を書き出す。

   【事実は】?

  ↓

3.もう一度、その環状が

   【何パーセント】?

  と考えて、書き出す。

すると、どうでしょう…、
最初に比べて

 【パーセント】

が小さくなっている事が、
多くありますね。

ええ、そうです、

「2.」の部分で、

 「客観的な事実」を見て、

 【客観的な思考】

が取り戻せますね。

 

 

意識の中で、

 「冷静に~、冷静に~」

と思うのも大切ですが、
実際に、その割合を

 【紙に書く】

ほうが、

 「冷静さを取り戻す」

大きなキッカケに
なりそうです…。

ここでも、

 【可視化(見える化)】

が活用できますね!

次にネガティブ感情が
芽生えた時には、

紙とペンを持って、
手を動かしてみませんか…?

ちょっと心が楽になる、
こんな名言があります…。

 
わたしを悩ませている
6つのことを書き出すと役立つ。

そう、
そのうち2つは消えてなくなる。

ほかの2つは、
まったくお手上げだから、
心配しても始まらない。

あとの2つは
なんとかなるだろう。

~ウィンストン・チャーチル
 (英国の政治家、著述家)~

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です