ダイエット成功で異性にモテて仕事のデキる人になる心理的方法3選【最適化心理術】

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

頑張ってダイエットに励んでも
どうしても挫折してしまう経験はありませんか。

ダイエットに成功した人の話を聞いて
努力を重ねても痩せられないと

辛くなってしまいますね。

そんな時には

ダイエットがうまくいかない
心理的なメカニズムを理解して

効果的な対策を考えてみるのはいかがでしょう。

スリムボディを手に入れてモテモテの状態になって

自己管理ができるところをアピールして
仕事ができると評価されるのも悪くないですね。

この記事は

・ダイエットに何度も取組んだけど決まって失敗してしまう。
・理想的な体型になって異性にモテたい。
・ダイエットに成功して自己管理も仕事もできる人とみられたい。

というかたにお送りしていきます。

ダイエット成功の先の明るい未来を想像しながら
心理的な特徴を活かしてスッキリと痩せてしまいましょう。

 

【1】心理的にダイエットがうまくいかないメカニズムを理解する

03
たかはしみのる
「体型」と「心理学」の繋がりって、とっても強いんです…。

太っている人や、ついつい食べすぎてしまう人は

 「外発反応性」が高い

と言われています。
「外発反応性」というのは

外からの情報などに欲求が
左右されやすい性質のことを言います。

つまり
周りの意見や情報に流されやすいということです。

これは

食べ物に限らず買い物など
さまざまなシーンでも見られる性質です。

そして、食べ過ぎの人には

 「報酬不完全症候群」に当てはまる人も多い

のです。
「報酬不完全症候群」とは、

報酬に対しての快感が薄くなり
結果的に過食、依存に走ってしまうことをいいます。

レトルトや、すぐに食べられるスナック菓子などを
食べがちな人は

「報酬不完全症候群」と言えます。

何かをして得られる報酬(=食べ物)のハードルが
下がってしまうために

食べても報酬を得た気分にならないのです。

そのため、食べる量を増やしてしまい
肥満の原因となります。

この

 ・「外発反応性」
 ・「報酬不完全症候群」

のせいで食べ過ぎてしまい
ダイエットが続かない、ということです。

ちなみに、現代では、

「4人に1人」が報酬不完全症候群だといわれています。

 

【2】ダイエットに対する心理的対策3つの方法

では、ダイエットを成功させるためには
どうすればよいのでしょうか?

心理的な側面から見た
ダイエットのポイントをご紹介します。

(1)『食べ物から遠ざかる』とダイエットできる

04
たかはしみのる
ついつい…、を減らすためには…。

ひとつは、食べ物から遠ざかること。

「外発反応性」が高い人は
まわりに食べ物があると、つい食べてしまいます。

ダイエットのためには

手の届く範囲や視界に食べ物を置かないことや
無駄な食べ物を買いだめしないことが大切です。

(2)『食事に手間をかける』ことも効果的

05
たかはしみのる
便利な世の中ですが…。

ふたつめは、食事に手間をかけること。

「報酬不完全症候群」の人は

コンビニ食やレトルト、ファーストフードなど
ラクに食べられるものを好みがちです。

そういうものをなるべく避け
何かを食べる時は料理をしましょう。

食べ物を買うのではなく
料理の材料を買うように心がけ

料理をして食べることで
自然と報酬不完全症候群を避けることができます。

(3)『運動は食事の前に』が効き目あり

06
たかはしみのる
心理的な軌道修正という意味で…。

そして、もうひとつ。

ダイエットには運動が欠かせませんが

運動は食事の前に行いましょう。

食べてから運動するのではなく
食事の前に運動をすることで

「せっかく運動したのに」と感じ
食事の量を減らすことができます。

これは

 ・認知的不協和理論

というもので、
矛盾してしまう現実を前にすると

無意識に「行動」か「気持ち」のどちらかを
軌道修正しようとするものなのです。

 

【まとめ】

07
たかはしみのる
それでは、まとめましょう…。

・太っている人は
 外発反応性が高い人が多い。

・「外初反応性」とは、
 外からの情報などに、欲求が左右されやすい。

・食べ過ぎな人は、
 報酬不完全症候群に当てはまる人が多い。

・「報酬不完全症候群」とは
 「報酬」に対する「快感」が薄くなり
 結果的に「過食」依存に走ってしまう。

・ダイエットを成功させるために

 (1)食べ物から遠ざかる
 (2)食事に手間をかける
 (3)運動は食事の前に

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です