アドラーの言葉:「課題」に向き合う

【アドラーの言葉】

眠れないことを

恐れないでください。

眠れなかったら

眠らなくていいのですから。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

不眠症に悩む人は、

 ・何か別の悩みがある

 ・目の前の課題から逃れたい

という場合があるそうです。

そういった人は、

 「眠れない事」が悩み

と思いがちですが、

「眠る」ことばかりを
意識しても、

効果は出ないものです。

 

それをアドラーは

 「眠れなかったら

  眠らなくていいのですから。」

という言葉の中で、
表現しています。

 

 

僕は、
こんな風に思います。

鷹羽詩みのる
眠れない時には、

「眠る」ことを意識せず、

その根幹にある

 「別の悩み」向かい合う

 「目の前の課題」に向き合う

ことをしてみては…。

そのために、

・悩みに向き合う【勇気】
・課題に向き合う【勇気】

が必要だと思うのです。

 

アドラーの、

「眠れなかったら
 眠らなくていいのですから。」

という、励ましの言葉を、

あなたの【勇気】に
変換ましょう…。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です