アドラー心理学:「部下」が素直になれる【上司】の態度とは…?

鷹羽詩みのる
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー、今回も、「リーダー」のあなたに最適なコンテンツを提供します(^^)。

サポート役は今回も、「管理職」になりたてで、ワンランク上の【貢献型】リーダーを目指す「輝月のぞみ」さんです!。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
こんにちは。輝月のぞみです。今回もよろしくお願いします。
鷹羽詩みのる
はい、お願いします。では、早速いきましょう…。

今回は、「「部下」が素直になれる【上司】の態度とは…?」というお話です。

会社の多くの上司は、

なぜ部下を叱って
しまうのでしょうか。

具体的に
教えられることもなく、

部下への指導というと

厳しく言いすぎる人が
多くいます。

今回は、

部下を叱ってしまう理由と、

部下が素直になれる
【上司】の態度

について
解説していきます。

 

叱る理由①過去の上司から厳しく言われてきている

02

若い世代の人たちは、
大人たちに
怒られ慣れていない
ということを

聞いたことが
ないでしょうか。

今の上司にあたる人は、

怒られることが
当たり前だと

教育されているかも
しれません。

これは時代的な背景に
よるものなのですが、

自分が怒られてきた分、
部下の指導をする際は、

怒ることは当然であると
考えるのです。

しかし、
今の若い部下に対して、

この教育方法は
むいていません。

もし続けるのであれば、

信頼がなくなることを
覚悟しておいた方が
良いでしょう。

 

叱る理由②「なぜ」という原因追及思考しかしてこなかった

03

今でこそ、

 「なぜ」

と問うばかりでは、

仕事が成り立たないと
言われるように
なりましたが、

一昔前までは、

 「なぜ」

にこだわってきました。

何か問題が発生するたびに、

 「なぜ」
 「なぜ」
 「なぜ」

と、何度も問い続けて
きたのです。

その結果、
それを行うことが
当然となり、

他の考え方が

受け入れられなく
なっているということが
考えられます。

しかし、
なぜと問い続けることで、

部下の人間否定に
つながることを

自覚した方が
良いでしょう。

 

叱る理由③「なぜ」を利用して、仕事をしているふりをする

04

会社の上司というのは、

自分よりも上の
上司に対して、

現状を明確に
伝えなければいけません。

そのとき、社内を

 「なぜ」

という
思考だけで統一していると、

上の人間に
報告しやすいのです。

部下の失敗も「なぜ」を
利用すれば、

「○○が報告しなかったので、
 このような結果になりました。」

と、
簡単に報告できてしまいます。

 

配慮のある言葉・態度とは…

05

しかし、
部下の背景を理解し、

アドラー的に
勇気づけを行いながら、
仕事をすれば、

信頼を失わずに
済んだでしょう。

配慮のある言葉とは、
このようなものです。

「自分1人でできると思い
 新入社員が
 頑張ったようなのですが、

 私の配慮が足りず、
 完成に導くことが
 できませんでした。

 すべては、私の責任です。」

と、思いやりをもった報告
できていたでしょう。

このように報告すれば、

上司に対して、
本当に申し訳ないことを
してしまった。

なぜ早く、
報告しなかったのだろと
素直に反省するでしょう。

叱らなくても、
部下は十分に
教育できるのです。

 

まとめ

06
鷹羽詩みのる
それでは、まとめましょう!。

(1)叱ることは、逆効果

(2)叱られた過去を
   繰り返さない

(3)「なぜ」以外の思考を
   心掛ける

(4)「なぜ」だけでは、
   信頼は得られない

(5)部下が素直になれる、
   上司の配慮ある言葉・態度が大切

のぞみ
ありがとうございました。

「叱る」ことも、「なぜ」と迫ることも、控えようと思いました。やはり、【配慮ある言葉・態度】が本当に大切なんですね…。

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です