アドラー流リーダーシップ:【部下】のミスを本人に「適切」に伝える方法は?

鷹羽詩みのる
人材強化ミーティング導入プランナー
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ

鷹羽詩みのる です。こんにちは。

ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、組織の【人材強化】を応援しています。

⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【使命感】は必要か??
⇒【僕の想い】

「嫌われる勇気」で有名な「アドラー心理学」の中で「リーダーシップ」に焦点を当てたコーナー

今回も、あなたがパワーアップするお話を
シェアしていきます(^^)

サポート役は、
「管理職」になりたてで
組織に【貢献】しながら部下を【育て】るリーダーを目指す

「輝月のぞみ」さんに今回もお願いします。

のぞみ さん、宜しくお願いします!。

のぞみ
今回も頑張ってサポートします!

「貢献型リーダー」になれるよう頑張っていますので、よろしくお願いします。

みのるコーチ
はい、よろしくお願いします。では、早速はじめましょう!

職場のリーダーである、あなたが、
役員に対し、書類を提出しました。

その際、役員の1人が、

「ここに書き間違いが存在する。
 以後は、気をつけてくださいね。」

ということを言いました。

その内容を確認すると、
あなたの部下がした失敗でした。

あなたは、部下に対して、なんと伝えますか?

 

失敗してしまった部下への伝え方

02

役員に間違えていると指摘された結果、
3つの選択肢から行動を選び、

部下教育を実施できます。

(1)

上司(1)
「君のせいで、恥をかいたじゃないか。

なんでそんな失敗をするんだ。」

(2)

上司(2)
「皆さん、長時間仕事をしていたので
疲れてしまったのでしょう。

君だけが悪いのではないよ。」

(3)

上司(3)
「○○さん、昨日は本当にありがとう。

おかげさまで仕事が完了しました。

しかし、最後の欄にミスがありました。」

 

アドラーの提唱する勇気づけが改善を促す

03

上記で、

(1)を選んでしまった場合、

部下は、上司のことを
不信に思ってしまうでしょう。

権威を示すような指導方法が、
上手くいかないのは当然のことです。

次の(2)ですが、

この方法では、部下が、
どのような事実が存在したのか、
知ることができません。

このような伝えられ方をすると、
自分の失敗を自覚できない可能性もあります。

作業内容として間違っていることがあれば、
事実として伝える必要があります。

最後の(3)が、アドラー的であり、
正しい指導方法となります。

頑張っているという事実を認めたうえで、
間違っていることに関しては、

ごまかすことなく明確に伝えることが、

部下教育には大切なのです。

権威を示さなくても、
(3)の伝え方であれば、

自主的に失敗に対する改善を
促すことができるでしょう。

 

プライドが高い上司は、職場で尊敬されない

04

上司としてのプライドから

部下に対して優しい姿を見せることが
できないというのであれば、

部下から信頼されることはないでしょう。

上司というのは、
職場で恐れられる存在ではありません。

どのような状況においても

仕事を効率良くこなすことができ、
すべてのメンバーに信頼される人こそが
上司としての理想像なのです。

そのため、上司としての威厳を守る
という考え方から、

優しい言葉をかけられなかったり、

年下だからといって、
そっけない態度をとっていると、

部下は、近寄ってこなくなるでしょう。

失敗が多い部下であったとしても、
必ず学ぶべきところというのはあります。

学ぶことができる部下に対して、
フライドからそのような行動に出るのは、

つつしむべきでしょう。

ぜひ、上司として心のゆとりを
持っていただきたいと思います。

 

まとめ

05
みのるコーチ
はい、まとめましょう!!

(1)権威を示せば、信頼を失う。

(2)ミスをしたという事実は、必ず伝える。

(3)失敗を伝える際は、勇気づけを忘れない。

(4)部下が年下でも、必ず学べるところがある。

のぞみ
ありがとうございました。

「勇気づけ」を行って、ミスは事実を適切に伝える。これが大切なのですね。現場で活かしていきます!

それでは、また次回、よろしくお願いします。

 

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です