Q37:「部下の能力」を引き出すなら【会話】をして【環境】づくりをする

名言

この人には

これだけしか

能力がないなどと

決めつけては、

能力は引き出せません。

~井深大(ソニー創業者)~

 

みのるコーチ
メンタルコーチの 鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

人には
生まれ持った能力がある。

その能力は
人それぞれで、

体力も
関係しているけど、

脳にも関係してるんだっ。

記憶力や理解力が
乏しいと、

なかなか能力を
引き出すことができない。

02

でもね、
それを人が
決めつけてはダメ。

自分の持っている
能力の限界は、

自分自身が
1番よく知ってるんだから。

それを知らない人が

 「あなたは
  これだけのことしか
  出来ないよね」

と決めつけては、
せっかくの能力が
引き出せない。

自分は
これだけの能力が
あるのに、

人から

 「無理でしょ」

って言われたら、
酷くイラッとするよねっ?

それは
他の人だって同じこと。

03

生まれ持った能力って
上手く引き出しせば、
伸びることだってある。

自分自身で
レベルを理解している
つもりでも、

ふと伸ばす
チャンスがあれば、

驚くほどの
能力を発揮することがある。

伸びないのは、
その引き出すチャンスに
恵まれていないからだね。

そのチャンスを
与えてあげることが
上司や先輩の役目。

04

良い上司に出会うと、
ボーッとしていた新人社員が
メキメキ仕事をこなせる
頼もしい社員になった
ことがある。

これは、
上手くその新入社員の
持っている能力をチェックし、

引き出せる
仕事を与えたから。

上司の
的確なアドバイスや
サポートもあったから、
より伸ばせた。

見た目が暗いから、
この社員は
仕事はできないだろうと
見るのは良くないね。

外見ではなく、
内面を見るのが大事。

それには会話をすること。

会話をすると
特技や趣味、
性格などが見えてくるだ。

05

計算をするのが
得意なら、

会社の売り上げを
計算しては
記録する仕事を
与えてみるといい。

文章を書くのが
得意なら、
書類作成を何度も頼む。

デザインが得意なら、
デザインする
時間と機会を
増やしてあげよう。

何度も
機会を与えてあげることで、

驚くほど
仕事が速くなったり、

個性的なデザインを
生み出すことがあるんだ。

06

ソニーという会社は
電化製品を開発しては
製造する会社だね。

多くの社員が
働いているけど、

みな同じ発想ばかり
していては

売れる電化製品は
開発できない。

常に時代のニーズに合う
デザイン性と機能性を
求められるだけに、
豊かな発想力が求められる。

流行に敏感になることも
求められる。

でも、
1人の人にばかり求めても
限界があるから、

それ以上の発想は
なかなか生まれてこない。

だからこそ、
色々な人の発想力と
技術力が必要なんだ。

1人1人の能力を養い、
引き出すには、
養える環境づくりも必要。

売れる会社に
したいのなら、

社員の気持ちを
考えることも必要なんだ。

 

Question

07

 

みのるコーチ
あなたが、あの時、部下の能力を引き出せたときには、

部下の、どんな部分に注目しましたか?

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です