上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

頼み事が苦手な人は
意外と多いものですね。

お願いしてしまえば
早いことも、

自分で頑張りすぎてしまう…。

ジツは、
僕も少し前までは、
このタイプでした…。

今回は、

【1】
ちょっとした
「心理テクニック」と

【2】
上手な「頼み方」の効果

のお話です。

まず、

【1】
ちょっとした
「心理テクニック」

ですが、

 【イーブン・ア・ペニー】

を使って頂きたいのです。

このテクニックは、

最初にハードルの低い
お願いをしておいて、

相手が受け入れやすくする
というものです。

たとえば、

 「話を聞いてください」

ではなく、

 「1分間だけ、
  話を聞いてください」

といえば、

 「まっ、そのくらいなら…」

という事で、

相手の「譲歩」を
引き出しやすくなります。

そして、

【2】
上手な「頼み方」の効果

については、

(1)
例えば、

「1分間だけ、
話を聞いてください」

という譲歩を引き出した場合、

少々、時間が伸びても、
大丈夫な場合が多いですし、

話が興味深いものであれば、

 「もっと話を
  聴かせてください。」

と言われる可能性も
大きいですね。

(2)
1度、頼み事を
受け入れてもらえば、

その後も、
依頼を受けてもらいやすく
なります。

これは、相手が、
頼みをきいて役に立ったという

 【貢献感】

を得ているためで、

 「関係が深まった」

といえるのです。

 

という事で、

「上手に頼みごと」
ができれば、

 ●自分も楽になる
 ●関係が深まる

という良い事が
ついてきます。

なので、
僕はこう思います。

鷹羽詩みのる
あまり一人で
頑張りすぎずに、

 【上手な頼みごと】

試してみましょう…。

ほんの、
ちょっとした事からでも…(^^)。

関連情報を、

——————–
【簡単活用】!ビジネス「心理交渉テクニック」6選!
https://coach-minoru.com/negotiation/
——————–

にも記載していますので、
参考にして頂けたらと思います。

いつも、応援しています!。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です