【変化】に抵抗してしまう「訳」とその「対処法」

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

「変化」に抵抗していませんか・・・?

僕たちは、生きている中で、数多くの

 「変化」

を、経験しています。

 学校、
 仕事、
 家庭、
 友人、
 衣類、
 車、
 家具、
 髪型…

多くの「変化」があります。

ところが、

「いつも、いつも、変化に【抵抗】している人」を
見かけることがあります。

いつまでも、同じでいようと、
「悪戦苦闘」している人。

 

 

あなたは、いかがですか?

 

 

もし、その傾向があったら、

かえって「大変な思い」を
してしまっている可能性があります。

 

変化に抵抗するのは【脳】が「いつも同じ」を望むから

いつも通っている道があるとします。

それが、たまたま「工事」していた場合、
迂回して目的地に向かいますね。

この時に、脳は「ストレス」を感じます。

いつも通っている道を行けば、
目的地に行けると知っているからです。

迂回するということは、

 「この道を行くと目的地に着く。」

という「知識」が使えなくなります。

そして、新たに、

 「別の道は行く先は正しいか?」
 「時間はどれくらいかかる?」
 「危険ではないか?」

という「からない事」が加わります。

 ×いつもと「同じ」でない。
 ×持っている知識が使えない。
 ×「わからない事」が加わる。

これらがストレスの原因となり、

すると、人はしばしば無意識のうちに、
なんとかして変化を避けようと試みます。

これが、

必要以上に人生を難しくしてしまう
原因になります。

 

変化を「アプリの【アップグレード】」と捉えましょう…

「変化」は、

僕たちの生活や仕事の中で、
常に生じているものです。

だから、無理せず、

 「【変化】を受け入れて大丈夫」

と思ってみましょう…。

ちょうど、「アプリ」を
【アップグレード】するように。

最初は、ちょっと慣れなくても、
新たな【機能】を手に入れられます。

使い慣れた古いバージョンで
頑張っている人を見かけますが、

抵抗せず受け入れたほうが
うまくいきますものね…。

 

変化の後の「良い結果」を考えて「小さな」変化に挑戦しましょう

例えば、仕事で、
「チーム内の作業の手順」を変える時、

 「今のままでもいいのに」

と抵抗するより、
新たな手順でうまく行く、

 「良い結果」

を考えて、「ここだけ」変更すれば良いと、

 「小さな変化」

を受入れてみましょう。
そうして、始めてみると、意外と、

 「ほんとだ、これ【いいね】」

となるものです!

 ◆「良い結果」を想像する
 ◆「小さな」変化を受入れる

これをやってみましょう。

少なくとも、

 ×【抵抗】に使う「労力」
 ×「気分的なマイナス」

という無駄な要素は、無くなります。

たかはしみのる
落ち着いて未知のものを
受け入れることが、

恐れとストレスを消し去る
唯一の方法だと思うのです。

 

いつも、応援しています!!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です