【二分割思考】の人は少し力を抜いても…

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

あなたの周りには、

オール・オア・ナッシングで
物事を考える人は

いませんか…?

僕は、
思い当たる人が何人かいます(^^;。

 「100点か0点か」
 「善か悪か」
 「白か黒か」
 「敵か味方か」
 「1番かそれ以外か」
 「大好きか大嫌いか」

こういう考え方を

 【二分割思考】

というのですが、
何だか、もったいないと感じて
しまう事があります。

特に、

 「完璧主義者」

は、

 「100%できなければゼロと同じ」

と考えてしまいますね。

そうすると、
折角できているのに、やり直して、
完璧を目指します。

◆◆◆◆

70点の出来でも、
充分に貢献できる、
価値がある、

それを待っている人も
いるのに…。

◆◆◆◆

 

人間関係にも、
当てはまります…。

自分が仲良くできる人達を

 「味方」

自分の意見に反対の人を

 「敵」

と決めつけてしまう場合。

これだと、
どんどん「敵」を
増やしちゃいそうですね…。

実際の人間関係では、
味方でも、敵でもない人が、
ほとんどで、

味方じゃないけど、
敵でもないよな~~っと、

ゆる~く考える事が、
良いのではないかと思います。

力を抜いて、
冷静に観てみると、

◆◆◆◆

「敵」だと思っていた相手も、

どこかで
「自分」を向上させてくれる
「仲間」だったって事も、

あるかも知れません…。

◆◆◆◆

少し力を抜いて、

冷静に観てみるのは、
いかがでしょうか…。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です