やる気・モチベーションを確実に維持するために効果的な3つの方法【最適化心理術】

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

本を読んだり
セミナーに参加して、やる気が出たけれど
それが維持できないことって多いですよね。

一時的に「やるぞ~」と
モチベーションが上がっても
段々と気持ちが薄らいでしまう。

心当たりあるかたも多いのでは…。

また

健康のための運動や
今後のキャリアのための新しい勉強など
新しいことを始める時にも

「やる気の維持」は
難しいと感じてしまうことがあるかも知れません。

そして、それが続くと
結局は自分はダメな人間だと思ったり

だから頑張って始めるのは無駄と
思ってしまうかも知れません。

私も同じように
やる気が出ても長続きしないタイプでした。

この記事は

・ 本やセミナーのお陰でやる気が出ても継続しない
・ 意気込んで新しいことを始めても
  モチベーションが維持できない
・ これが続くので「自分はダメな人間だ」と
  思ってしまう

というかたにお伝えしていきます。

私の場合、今回お話する方法を実行することで
「やる気」を維持して今の活動を継続できています。

理解して実行すれば
確実にモチベーションが維持できますので

最後までカッチリ読んで
「実行」に移してくださいね。

 

【1】「やる気」が出た時に継続する方法

自己暗示法の創始者である
催眠療法家のエミール・クーエは、こう言っています。

「同じ言葉を何度も繰り返すことで、
 人を強い暗示にかけることができる」

これは、他者に対してもそうですが
自分自身に対しても当てはまることです。

私達は「やる気」が出た時には
何かのきっかけがあって

 ・「…だから自分にもできる。」
 ・「…やるぞ~」
 ・「…は、いけるぞ!」

などと自分に声を掛けることがあります。

しかし、その瞬間だけ自分にこの言葉を発しても
自身の心に強く響くものではありません。

意識(顕在意識)が「やる気」になっている時間は
長くないため、すぐに消え去ってしまいます。

しかし、これを何度も繰り返し自身に発していたら、
潜在意識(無意識)の領域に響くようになります。

何度も自分に声をかけていると潜在意識に響いて
その力を味方につけることができます。

潜在意識のチカラは
意識とは比べ物にならないくらい大きいですので

その強力な力で「やる気」を維持してくれれば
大きな後ろだてを得たことになります。

「やる気」が出た時の言葉を
何度も言うことを心がけましょう。

 

【2】 新しいことに対する「モチベーション維持」法

前出の クーエは、こうも言っています。

「『そうしたい』ではなく
 『そうしよう』と言うべき」

何か新しいことを始める場合に
強い気持ちがあっても「そうしたい」と言うと

 ・そうしたい自分

のイメージが潜在意識に組み込まれますが
「そうしよう」と言うと

 ・そうしようとしている自分

のイメージが潜在意識に組み込まれます。

そうすると、気持ちはどんどん前向きになり
進み続けることができるようになります。

そして、更に良い言葉としては

『そうする』と言うことで

 ・そうしている自分

がクッキリと潜在意識に組み込まれて
行動は更に促進されます。

「新しい仕事を始めたい」
  ▼
「新しい仕事を始めよう」
  ▼
『新しい仕事を始める』

「好きな人に声をかけたい」
  ▼
「好きな人に声をかけよう」
  ▼
『好きな人に声をかける』

簡単な言い換えですが、効果は大きいものです。

 ・「~したい」を『~する』に変換

それだけで気持ちは更に強まり
色々な物事の成功率はアップしていきます。

 

【3】「できる」と思い続ける良い方法

 ・「…できる」という言葉を繰り返す
 ・「~したい」を『~する』に変換

の大切さがお解り頂けたと思います。

そして更に「できる」と思い続けるために
強力なことをお伝えします。

それは

 ・その話を聴いて勇気づけてくれる人と定期的に話す

ということです。

スポーツ選手も、コーチが変わると
成果が出やすくなることが多いものです。

この場合、スキル的に成果が出やすい指導も
あると思いますが

多くの場合、最も効果的なのは
モチベーションの維持が出来ていることなのです。

同様に
あなたのヤル気を維持するためにも

そのような人と定期的に話すようにすることが
確実に「ヤル気」を維持する大切なことになります。

 ・ 恋人やパートナーなど身近な人
 ・ 職場での 1on1 ミーティング
 ・ 信頼できる友人・知人
 ・ 家族
 ・ コーチ

などを見つけて、継続することをしてみましょう。

このようにしてモチベーションを維持すれば
大きな成果が待っています。

ぜひ実行していきましょう。

 

【まとめ】

■やる気・モチベーションを維持する方法

 ・「…できる」という自信のある言葉を繰り返す

 ・「~したい」を『~する』に変換する

 ・ 話を聴いて勇気づけてくれる人と定期的に話す

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です