「愛」を求めると顔が醜くなるワケ!!‐夢と期待は鏡の向こう側‐

ごうる
戦略脳コミュニケーション最適化ブログの【速水ごうる】です。こんにちは。

【彩香】の「実践心理学」のコーナー、反響があるようですね。

今回も楽しみです!

それでは、あやかさん、よろしくお願いします!

 

「愛」を求めると醜くなるロジック

2
あやか
【可愛 彩香】です。ごうるくん、どうぞよろしくお願いいたします。

今回のテーマは、「「愛」を求めると…」という、ちょっと不思議な内容です。

それでは、ご覧ください。

愛と幸せと平和を求めると、
不思議なほど顔が醜くなります。

婚活疲れや婚活ウツ、
就活ウツなど、

ネットで語られる

 「イタイ人」や
 「カン違い人」

と呼ばれる種族になりがち。

今回は

 「愛」を求めると醜くなる

ロジックを説明します。

 

1・愛を求める人とは(現状否定・猜疑心)

3

愛を求めている人の
感情と思考は、

今の自分には
満たされるべき愛が無い。

メディアや世間では
素晴らしい愛がある、

みんなには愛があるのに
自分だけには愛は無い。

自分にも
素晴らしい自慢できる
愛を持つ権利がある。

自分を認めない
周囲の人間に
見る目が無いんだ、

周囲の人間には
能力が不足している
と考えます。

愛を求めている人とは

 ⇒ 現状には愛が無い

 ⇒ 一発大逆転のハウツウ探し

 ⇒ 自分は悪くない

ある種の
コンフォートゾーンから
外れた状態で、

自分の理想としている
イメージから

外れた状態になります。

そこで、
自分の置かれている状態が
不快と感じられるようになります。

 

2・犯人探し(現状肯定)

4

今の自分には、自分の

 「理想とする愛」

が無いと断定することで、

 ナンデ、
 ドウシテ

の疑問が生まれます。

一般的な

 「ファクト(事実)」

を伴う疑問には

 「客観的な答え」

があります。

しかし、感情的な

 「思い」

には、自分バージョンの
解釈が許されます。

 1.自分には自分の理想とする「愛」が無い(現状肯定)
 2.原因は、他の人のせいで自分は被害者だ
 3.だから、自分には不満(怒りや悲しみ)があって当然だ
 4.自分は悪くない
 5.誰かにわかって欲しい(第三者に自分の意識を代弁してほしい)

自分にすっきりする解釈(信仰に変わるとき)

今の自分は不満足、
なぜなら過去(今まで)
愛をくれる人が居なかった、

だから過去にも
「愛」が存在しない。

今も「愛」は無い、
が、自分の心の中で
祈ったり求めている限り
どこかにあるはず。

頑なな心とは

上記の思考のシステムは
複雑なようですが、

我々の脳の中では
一瞬にして認知されます。

一度、この

 「ルートとリンク付け」

ができると
脳に思考の癖となって
残ります。

 

3・顔が歪むワケ

5

自分の感情の不満や
文句を言う人の顔は
必然的に

 「嫌な顔」

になります。
恋人や家族が

 「重い」
 「ウザイ」
 「めんどくさい」

と表現する人の顔が
これに当てはまります。

顔が歪むとき

 ・心身の痛み
 ・妬み・嫉妬
 ・不安・恐怖・怒り
 ・自我意識が強くなったとき

顔には表情筋があり、
思考が顔に記憶されてしまいます。

 

まとめ

6
あやか
いかがでしたでしょうか。

はい、まとめです…。

今回は

「愛」を求めている人の顔が
浅ましくなる理由

思考のロジック
ご紹介させて頂きました。

日本語の「愛」は
特定の人に全肯定される
崇拝的な感情を意味しますが、

英語圏の「愛」は
創造主である神に対する感情が
ベースとなっています。

あなたのお役に立てれば幸いです。

ごうる
あやかさん、ありがとうございました!

なかなか、興味深い内容でした…。参考にさせて頂きます。

次回の「【彩香】の「実践心理学」」も楽しみにしています!

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です