嫉妬は「ワタシも」、恨みは「ワタシは」で語られる-コンフォートゾーン-

ごうる
戦略脳コミュニケーション最適化ブログ速水ごうる です。こんにちは。

【彩香】の「実践心理学」、久々になりますが、今回も興味深い話題ですっ!(^^)。

それでは、【可愛 あやか】さん、よろしくしくお願いします!。

あやか
可愛 あやか です。こんにちは。よろしくお願いします(^^)。

今回は、「嫉妬と恨みの影響」についてお話します…。

嫉妬は

扱い方さえ
コントロールすれば

 「前進するパワー」

になります。

恨みは

自分自身を
見限っている状態です。

自分で
気が付かない限り、

そのままの状態で
呪縛され
人生を終えてしまいます。

今回は、
自分や他人の
コンフォートゾーンを見つけ、

広げる方法
ご紹介させて頂きます。

 

1・嫉妬はスパイスになる

02

好きな相手に対して、
嫉妬は起こります。

嫌いな相手に
嫉妬はしません。

嫉妬は
自分の持っているものを
奪われるかもしれない
不安から生まれます。

自分の
ポジションだったり、
所有物や愛情や
注目や収入です。

恋愛や仕事、
あらゆる人間関係、
他人の容姿、
パフォーマンス、
学業、芸事、評判、
収入など

同じ向きを
向いた人間が居ると
起こる感情です。

これは
一概に悪い感情ではなく、
嫉妬すると次は

 「わたしも」

で思考がスタートします。

 「どうしたら」

良いのだろうを
試行錯誤を行い、

 「自分のコンフォートゾーン」

を広げていく力があります。

 

2・恨みは自分自身を呪縛し、思考停止になる

03

恨みは

 「自分は□□だから、
  ○○したいのに△△できない」

と自分を
限定してしまいます。

これは
自分で作り上げた
思い込みと言い訳ですが、

常に原因は他者にあり
自分は被害者である、

ゆえに自分の考えには
正当性があると
言い張ります。

自分に自信が無い為、

他者と比較され
明らかな評価を
下されることを
極端に恐れます。

恨みがあると
その人の時間は
止まったままになります。

 ・あの時、
  誰それに言われた言葉で
  傷ついたから…

 ・あの時から
  トラウマになった

 ・忘れたいのに、
  あの時の事が忘れられない

 ・許せない

ロシアの諺に

 「愚者の時計は
  いつも止まったまま」

とあります。

人は自分が関係すると、
自分に都合の良い話のみを

 「本当のはなし」

と信じ込んでしまいます。

劣等感の強い人ほど
自己顕示欲と
虚栄心が強く、

常に自分の話を聞いてくれる
第三者を求めます。

 

3・自分をシアワセにする方法

04

人は
同じ波長の人を好みます。

幸せな人は
幸せな人に好かれ、

不幸が好きな人は
不幸そうな人に
好かれます。

人間は
知らないことや
初めての事に
不安と恐怖を感じます。

不安と恐怖は
2つの方法で
回避できます。

 ・物事の理屈を理解
  (論理的思考)

 ・馴れ
  (現実社会での実践)

「黒い猫でも白い猫でも、
 ネズミを捕るのが良い猫だ」

と言う諺があります。

いつまでも
他人のせいにしていると、

自分の人生の時間は
どんどん残り少なく
なってしまいます。

 

まとめ

05
あやか
いかがでしたでしょうか。

まとめです!

今回は

 「嫉妬と恨みの影響」

をご紹介させて頂きました。

メディアは
被害者を作り上げた方が

「売れ」ますが
責任は持ちません。

我々は
自分自身で自衛し
防衛していないと、

無責任な
メディアや世間の
餌食となってしまいます。

この情報が
あなたのお役に立てれば幸いです。

ごうる
あやかさん、ありがとうございました。

「嫉妬と恨みの影響」…、これだけ違いがあるんですね…(^^;;。勉強になりました…。

【彩香】の「実践心理学」」次回もよろしくお願いします!。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です