「永遠の愛を誓う」と必ず憎悪に変わる不思議-愛と契約のタブー-

みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

【彩香】の「実践心理学」、ご覧いただけているようです。

可愛 彩香(かわい あやか)】さん、今回も宜しくお願いします!

 

愛と契約のタブー

2
あやか
可愛 彩香です。今回は「愛と契約のタブー」についてお話します。

お見合いパーティや
婚活や合コンや告白など、

素晴らしい恋愛と結婚は
人生の大きなターゲットです。

誰しも
幸せになる為に
結婚をしますが、

神の前で
誓ったり告白すると、

なぜか不幸になる
心理背景を解説します。

 

1・神の前で永遠の誓いを交わすと…

3

現代では
映画やテレビの影響で、

神父や牧師の介添えで行う
キリスト教の結婚式が
一般的となり、

多くの女性から
憧れられています。

異国風味の
ステンドグラス、

祭壇の前の十字架、

聖母が抱く
赤子イエス・キリスト、

チャペルの鐘の音などの
ロマンティクなイメージと
非日常のムードが
好まれています。

余り当たり前なので、
皆さまお忘れなのかも
しれませんが、

日本人は
キリスト教徒は
多くありません。

「一生変わらぬ永遠の愛」を
お互いに神様に誓い、

神父や牧師に
許可を頂いて結婚すると、

殆どの家庭が戦場になり、
お互いを殺したいと
願うほど憎みあうようになります。

※全てではございません。
「殆ど」でございます。

 

2・なぜお互いを憎悪するのか

4

結婚式は
非日常シーンですが、

結婚生活は
平凡でなければ
生活が成り立ちません。

波風を立てず
淡々と暮らしていかねば
結婚が破綻してしまいます。

非日常の
外からの刺激で
幸せを感じるタイプの人は、

すぐに退屈していまいます。

アッと言う間に
期待になり、
不満から欲望へと、
そして怒りと恨みに変わります。

・あの時、神様の前で約束したじゃない
・一生変わらない愛を誓うってウソをついたのか
・一生の契約・・・(アレって本当に良かったんだろうか)
・相手を間違えたのかも・・・

 

3・契約と約束は破棄できる

5

キリスト教は
創造主に対する信仰で、

神以外には
誰も自分を裁くことはできない
とする趣旨です。

つまり
人と人のお互いの契約など、

条件次第で
何時でもキャンセルできる
ことが前提です。

契約は必ず破棄でき、
お互いのバランスが
取れない場合、

自分の利益のために
戦うことが前提条件です。

そのためには
如何なる
自己正当化もが許されます。

日本人の思考形態は、

良い人は
一度約束したら守るべき、
長い修行をしたら
良い人になり
報われるはずだ、
と考えます。

神社仏閣にお参りに行くと
ご利益があり、

いっしょに行ったんだから
心は一つになった「はず」と
考えます。

欧米や諸外国では。
人権や個人の自由で
現在では余り大っぴらには
語られませんが、

財産や伝統が有る人たちの間では
異教徒間の結婚は、
現在でもタブーです。

日本でも同様で、
社会階級が上に上がるほど
自由は狭まります。

 

4・日本人の知恵だった「ご縁」

6

日本では昔から
神道にせよ仏教にせよ、

このたび良いご縁があり
結婚することになりましたという
「報告」をし、

ご先祖様に見守ってくださいと
「お願い」をしていました。

そこには明確な契約も
約束も決意もありませんが、
一番強い「なんとなく」が生まれます。

 

まとめ

GN9
あやか
はい。まとめです…。

いかがでしたでしょうか。

今回は、
信じていない神に対して、
愛の契約と約束することの

 「無意識」(潜在意識)のリスク

をご紹介させて頂きました。

あなたの思考のお役に立てれば幸いです。

 

みのる
はい、あやかさん、ありがとうございました。

シリーズ化した「【彩香】の「実践心理学」」また次回も新鮮な話題をお願いしますっ!(^^)。

 

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です