初対面で相手を見抜く方法-メンドクサイ相手vs付き合って得する相手-

みのるコーチ
戦略脳コミュニケーション最適化ブログの 鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

【彩香】の「実践心理学」、好評配信中です!。

可愛 あやか】さん、今回も宜しくお願いしますねっ!

 

相手を読む

02
あやか
可愛 彩香です。今回も張り切っていきます!

よろしくお願いしますね。

初対面で、
相手を知るには

自己申告の経歴と
外見しか頼れません。

今回は、
旧家に伝わっている

 「人を読む方法」

をご紹介します。

戦前までは
世界中のどこのご家庭でも
教えられていましたが、

現在では、
公然の秘密と化しています。

婚活や就活、
お見合いパーティなど
お使い頂けます。

 

1・初めて会った瞬間にわかる相手の思考スタイル

03

残酷なようですが、

誰とでも同じように
付き合いができるわけでは
ありません。

我々は初対面で、

友好関係を持てる人
早めに避けるべき人か、

サッと
脳が処理してしまいます。

長く
対人のお仕事をしている人が言う

 経験から来る「カン」

と呼ばれるものです。

初対面で解る属性

 ・理性的で安定した精神を持つ人(承認欲求を自己コントロールできる人)
 ・自分の感情をコントロールできない人(承認欲求が非常に強い人)

普通の会話で
はしばらく話してから

「ああ、あの人は大丈夫、
 まともだよ」

とか

「あれはメンドクサイ相手だ、
 すぐわかる」

と語られます。

そんな悠長な時間を
かけたくない人に
あった瞬間に、

相手の「どこ」
見ればわかるのかを、

次に解説します。

 

2・一瞬で「相手を読む」には

04

はじめまして
と言う瞬間は、

老若男女を問わず
全ての人の

 「自我」

が出るときです。

このタイミングで
当人の思考が丸出しになります。

まともな人(冷静で知的な人)

 ・視線は前(アイコンタクトがある)
 ・軽い微笑み
 ・体の軸が通っている(姿勢が良く、胸を張っている、顎が引かれている)
 ・バランスの良い歩き方

メンドクサイ相手(感情的)

 ・体のバランスの落ち着きが悪い(ピョンピョン跳ねるように、もしくはゆらゆら)
 ・両肩をすくませる
 ・頭と顔がゆらゆらと動く
 ・目を閉じながら話す(アイコンタクトを避ける)
 ・上半身がCの字
 ・顎が上がっている
 ・髪の毛に触る

 

3・なぜ初対面ですべてがわかるのか

05

人は

 「知らない」

事柄や人物に対し

 「自分」

を関係させてしまいます。
これは人間の常です。

自分に自信があり、
どのようにでも対処できる人

淡々と平常心でいられます。

知性が
脳をコントロールし

 「普通」

の精神状態を保つことが可能です。

初対面で表れる

「自我の欲」

は首と腹に出ます。

無意識は
自分ではコントロールが
不可能

思考がベロンと
出てしまいます。

相手に要求する人(受け身の思考形態)※女性の自撮りポーズをイメージしてください

 ・首が曲がり
 ・肩が上がる
 ・みぞおちが弛緩
 ・踵が開く

 

まとめ

06
あやか
いかがでしたでしょうか。

まとめです。

今回は、
旧家に伝わる

初対面で相手を読む方法
ご紹介させて頂きました。

すぐにお使いになれますので、
人間観察に
お役立てくださいませ。

あなたのお役に立てれば幸いです。

みのるコーチ
あやかさん、ありがとうございました。

今回も、バリバリに良かったですよ~~(^.^)。

「【彩香】の「実践心理学」」次回もよろしくお願いしますっ!(^^)。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です