「モンスター?」「理想の?」「パワハラ?」「ダメな?」こんな【上司】とは「合わない」と思ったら…?

みのるコーチ
日本がメダル量産のオリンピックが終わり、テレビ観戦で燃え尽き症候群になっている、メンタルコーチの鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

4年後の東京を思って、目がうつろです…。

02
みのるコーチ
さて、今回のテーマは、

上司のタイプ別の接し方

についてです。

解説してくれるのは、

その「上司」になって苦労している、

「新任課長」の【輝月のぞみ】さんです。

でわ、のぞみさん!、よろしくっ!。

 

上司のタイプ別の接し方

03
のぞみ
のぞみです。久しぶりの解説、頑張ります!

どうぞよろしくお願いします!

あなたの上司は
どんな上司ですか?

厳しい上司もいれば、
やさしい上司もいるでしょう。

上司によって
仕事のしやすさは変わります。

上司とうまく付き合っていく
という問題は

常に社会人の中の
テーマでもあります。

今回は

 「上司のタイプ別接し方」

をご紹介します。

 

PM理論

04

心理学者の三隅博士

 「PM理論」

という理論を
提唱しています。

PM理論とは、

P機能と
M機能

の2つによって成り立つ
リーダーシップのことを指します。

P機能とは

 「成果を出すために
  部下に働きかける」

機能を指し、

M機能

 「チームを存続させるために
  部下に配慮する」

機能をいいます。

Pは

 「パフォーマンス」

の略であり「成果」、

Mは

 「メンテナンス」

の略であり「絆」や「和」と
いうことになります。

 

上司の4分類

05

上司にはそれぞれ
P、Mどちらの機能も
備えられており、

それぞれの強弱による
4つのタイプ
わけることができます。

4つのタイプは
「大文字」が高く、
「小文字」が低いことを
意味しています。

 

「pm型」(pとmどちらも低い)

06

pm型の上司は

「自分が上司だ」

という自覚が
不足しているタイプといえます。

部下をまとめる
リーダーシップがまったくなく、

生産性も低いために
成果もあげることができません。

リーダーとして
やる気がないタイプといえます。

このタイプの上司に
最適な接し方は

同僚と協力すること。

リーダーが
積極性に欠けるため

同僚と力を合わせ
仕事のクオリティを
あげましょう。

 

「pM型」(pが低く、mが高い)

07

pM型の上司は
チームの絆を深めたいばかりの
平和主義タイプです。

成果をあげるための策よりも、
部下のやりがいや心情を
重視するタイプなので

生産性も低くなってしまいがちと
いえます。

甘やかす面があります。

このタイプの上司の接し方は
人望を重視しているので、

上司の意見に賛同しましょう。

すすんで仕事を教わるなど
積極的な対応は
上司に好印象を与えます。

 

Pm型(pが高く、mが低い)

08

Pm型の上司は
ザ・仕事人間といえます。

チームの存続や部下の内情、
やりがいよりも
「成果」を出してこそ
仕事と考えています。

成果はきちんと
上げることができますが、

部下からの支持は
少ないでしょう。

このタイプの上司の接し方は
仕事の成果をあげながら
コミュニケーションをとること。

飲み会に誘いつつも、
日々の中で尊敬していることを
体現するとよいでしょう。

 

PM型(p、mどちらも高い)

09

PM型の上司こそ
理想の上司タイプといえます。

成果も人望も
重視するタイプでありながら、

きちんとどちらも
尊重できるので
部下に好かれ、
尊敬されます。

目標をきちんと示しつつ
集団をまとめる力もあるので
仕事がしやすい環境です。

このタイプの上司には
素直で誠実な仕事ぶりを
見せることで
必然的に評価がついてくるでしょう。

 

まとめ

10
のぞみ
それでは、まとめましょう!!

・PM理論とは、

 P機能と
 M機能

の2つによって成り立つ
リーダーシップ。

・P機能とは

 「成果を出すために
  部下に働きかける」機能

・M機能は

 「チームを存続させるために
  部下に配慮する」機能

・上司を、P機能・M機能の
 強弱により4タイプにわける
 各々の対応のしかたは?

・「pm型」(pとmどちらも低い)

 同僚と力を合わせ
 仕事のクオリティを
 あげましょう。

・「pM型」(pが低く、mが高い)

 すすんで仕事を教わるなど
 積極的な対応は
 上司に好印象を与えます。

・Pm型(pが高く、mが低い)

 仕事の成果をあげながら
 コミュニケーションをとること。

・PM型(p、mどちらも高い)

 素直で誠実な仕事ぶりを
 見せる。

※あなたも、
 PM理論に当てはめて
 自分の上司との付き合い方を
 見直してみましょう。

みのるコーチ
のぞみさん、ありがとうございました。

なるほど~、そういう分類で考えるだね~~!

勉強になりました~~!!

それでは、今回はこのへんで~!、ば~い、ばいっ!。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です