「モンスター?」「理想の?」「パワハラ?」「ダメな?」こんな【上司】とは「合わない」と思った【部下】の考え方は「PM理論」を参考に!

鷹羽詩みのる
人材強化ミーティング導入プランナー
ビジネスコミュニケーション最適化コーチ

鷹羽詩みのる です。こんにちは。

ビジネスパーソンの【コミュニケーション最適化】と、組織の【人材強化】を応援しています。

⇒【鷹の羽の詩】~「新しい名前」の由来~
⇒【使命感】は必要か??
⇒【僕の想い】

日本がメダル量産のオリンピックが終わり、

テレビ観戦で燃え尽き症候群になっています。

4年後の東京を思って、目がうつろです…。

02

 

上司のタイプ別の接し方

03

あなたの上司はどんな上司ですか?

厳しい上司もいれば、
やさしい上司もいるでしょう。

上司によって、仕事のしやすさは変わります。

上司とうまく付き合っていくという問題は
常に社会人の中のテーマでもあります。

今回は「上司のタイプ別接し方」をご紹介します。

 

「PM理論」とは

04

心理学者の三隅博士が「PM理論」を提唱しています。

PM理論とは、P機能とM機能の2つによって
成り立つリーダーシップのことを指します。

P機能とは

 「成果を出すために部下に働きかける」機能を指し、

M機能

 「チームを存続させるために部下に配慮する」

機能をいいます。

Pは「パフォーマンス」の略であり「成果」、

Mは「メンテナンス」の略であり「絆」や「和」

ということになります。

 

上司の「PM理論」4分類

05

上司にはそれぞれ「P・M」どちらの機能も備えられており、

それぞれの強弱による4つのタイプにわけることができます。

4つのタイプは「大文字」が高く、
「小文字」が低いことを意味しています。

 

「pm型」(pとmどちらも低い)

06

pm型の上司は、

「自分が上司だ」という自覚が
不足しているタイプといえます。

部下をまとめるリーダーシップがなく、
生産性も低いために成果もあげることができません。

リーダーとしてやる気がないタイプといえます。

このタイプの上司に最適な接し方は
同僚と協力すること。

リーダーが積極性に欠けるため
同僚と力を合わせ仕事のクオリティをあげましょう。

 

「pM型」(pが低く、mが高い)

07

pM型の上司は
チームの絆を深めたいばかりの平和主義タイプです。

成果をあげるための策よりも、
部下のやりがいや心情を重視するタイプなので

生産性も低くなってしまいがちといえます。

甘やかす面があります。

このタイプの上司の接し方は人望を重視しているので、
上司の意見に賛同しましょう。

すすんで仕事を教わるなど積極的な対応は
上司に好印象を与えます。

 

Pm型(pが高く、mが低い)

08

Pm型の上司は、ザ・仕事人間といえます。

チームの存続や部下の内情、やりがいよりも
「成果」を出してこそ仕事と考えています。

成果はきちんと上げることができますが、
部下からの支持は少ないでしょう。

このタイプの上司の接し方は
仕事の成果をあげながらコミュニケーションをとること。

飲み会に誘いつつも、
日々の中で尊敬していることを体現するとよいでしょう。

 

PM型(p、mどちらも高い)

09

PM型の上司こそ理想の上司タイプといえます。

成果も人望も重視するタイプでありながら、

きちんとどちらも尊重できるので
部下に好かれ、尊敬されます。

目標をきちんと示しつつ集団をまとめる力もあるので
仕事がしやすい環境です。

このタイプの上司には素直で誠実な仕事ぶりを見せることで
必然的に評価がついてくるでしょう。

 

まとめ

10
鷹羽詩みのる
それでは、まとめましょう!!

・PM理論とは、

 P機能とM機能

の2つによって成り立つリーダーシップ。

・P機能とは

 「成果を出すために部下に働きかける」機能

・M機能は

 「チームを存続させるために部下に配慮する」機能

・上司を、P機能・M機能の強弱により4タイプにわける。

・「pm型」(pとmどちらも低い)

 同僚と力を合わせ仕事のクオリティをあげよう。

・「pM型」(pが低く、mが高い)

 すすんで仕事を教わるなど積極的な対応をする。

・Pm型(pが高く、mが低い)

 仕事の成果をあげながらコミュニケーションをとること。

・PM型(p、mどちらも高い)

 素直で誠実な仕事ぶりを見せる。

 

※あなたも、PM理論に当てはめて
 自分の上司との付き合い方を見直してみましょう。

 

 

 

鷹羽詩みのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
お勧めの記事・サービス一覧をご紹介させて頂きます。

※お勧め記事-1※

【アドラー心理学】


①アドラー心理学:【目的論】は「問題解決」と「目標達成」に適した考え方

②アドラー心理学:【勇気づけ】と「勇気くじき」で、これだけ部下の反応が違う本当の理由

③アドラー心理学:「共同体感覚」は根底にある【共通の目的】を理解し合うことが大切

【<鷹羽詩みのる>の「最適化」心理術】


①人間関係のベースとなる【ラポール】形成の「3つの基本」と「4種類のテクニック」

②【不安】の種は「紙に書く」事で「障害」が取り除かれ【効果的】であるという件

③【嘘】を見抜く方法:嘘をつく人は「何」で分かる?

【<彩香>の「実践心理学」】


①人間の外見に内面性が100%出る!?-外見と心理と意識-

②自慢話をする人の心理-承認欲求と劣等感-

③なぜパリ症候群が起きるのか‐フランス人と日本人の違い-


※ビジネスコミュニケーション最適化ラボ:サービス内容一覧※

(法人様向け)


1.人材強化ミーティング最適化プログラム (HRMOP)
Human Resources empowerment Meeting Optimization Program

2.事業継承ネクストリーダー最適化プログラム (BLOP)
Business succession next Leader Optimization Program

3.ビジネスコーチング (OBCOP)
Optimized Business COaching Program
(1) エグゼクティブコーチング
(2) 管理職コーチング
(3) 若手・中堅向けコーチング


4.ビジネススキル研修プログラム (OBTOP)
Optimized Business skill Training Option Program
(1) 基礎コミュニケーション
(2) コーチングコミュニケーション(管理職向け)
(3) コーチングコミュニケーション(若手・中堅向け)
(4) 論理思考  ※準備中

(5) ファシリテーション  ※準備中
(6) プレゼンテーション  ※準備中
(7) モチベーショントレーニング  ※準備中

(個人様向け)


1.ビジネスコミュニケーション最適化プログラム (BCOP)
Business Communication Optimization Program

2.パーソナルコーチング (OPCOP)
Optimized Personal COaching Program
 (1) コミュニケーション最適化コーチング
 (2) ビジョン明確化コーチング
 (3) 閉塞感打開コーチング
 (4) 目標達成コーチング
 (5) 起業家支援コーチング

※お勧め記事-2※

【名言からQuestion】


①Q40:一番【成功】している人は一番「◯◯」している人??

②Q46:あなたは【勝つ】ことができる。

③Q42:「命令」を「質問」に変換して【成功】に近づける「3つのこと」とは?

【夢応援】


①【Don’t think. Just feel! (考えるな、感じろ)】

②【使命感】は必要か??

③あなた自身を【元気な状態】にしてくださいね…。

【つぶやき】


①上手な【頼み方】は相手との<関係>を深める

②【怒り爆発】の前に…

③【ありがとう】の2つの効果

【コーチング】


①こんな「コーチング」しません!。超初歩的な「コーチ」の誤解3つのこと。

②【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(1)

③【コーチング】~心から望む未来を見つけて実現しよう~(2)



【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です