他人の「気持ち」など解ろうとしてはいけない-日本の常識とタブー-

みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちわ。

【彩香】の「実践心理学」、出だしからなかなか好調です。

【可愛 彩香(かわい あやか)】さん、今回も宜しくお願いしますねっ!

 

日本の常識とタブー

2
あやか
可愛 彩香です。今回も張り切っていきます。よろしくお願いします。

 

自分の頭の中で
意識は木の葉のように
ヒラヒラと動きます。

ひと時も
じっとしていることはありません。

日本では相手の

 「気持ちをわかる」

ことが重要事項で、

言わなくても
わかってくれるはずと
考えがちです。

今回は、

 相手の「気持ち」

について、
いくつかの視点から
ご紹介します。

 

1・イヤな気持ち、嬉しい気持ち

3

ある人の名前を聞くと
嬉しく良い感じがする、

ある一言を聞くと
イヤな思い出がぶり返す、

などと会話の中で語られます。

これはその対象
(人名や地名、事柄)

自分の過去の感情が
一緒に思い出されるためで、

条件反射のように
強く結びついてしまっています。

これは
記憶や情報が単純化され、

 「梅干し」は「酸っぱい」

のように学習してしまいます。

自分が
嫌なことがあった場合には、

同じことを避けようとする
メンタルな防衛反応が起こり、

 「やっぱり…」
 「だから…」

などと単純に
パターン化させようとします。

そこまでの距離が短い人は、

 聞く耳を持たない、
 思い込みが激しい、
 単細胞、
 押しつけがましい

などと表現されます。

 

2・「相手の気持ちをわかった」と考えたいのはナゼか

4

どのような場面でも、

人は自分が損することは
嫌な気持ちがし、

自分の得になることは
良い事だと感じます。

頭の中で考えられる
質疑応答は

常に反語がある言葉で
語られます。

 1.好き嫌い
 2.正義(本人のメリット)許せない
 3.損得
 4.正誤
 5.善悪

人は不安な時、
何とかして
答えを求めようとします。

自分の意識を投影し
相手の気持ちをわかった、

と思いたがります。

・あの人はああいう人だから、こう考えたんだ
・こんな時には、普通はこう考えるはず、だからあの時、あの人はこう思ったのよ
・みんな、そうだよね
・こう思ったに違いない
・こう考えたはず

 

3・共感と投影は違うもの

5

共感

人の話を聞いているとき、
頷くのは共感のサインです。

なるほど、うんうん、
ふんふんと聞き、

相手の情報を分析することは
相手への理解に繋がります。

・すべての事柄に対する感情
・習慣
・価値感(その人にとっての優先順位、所属する集団の価値基準)
・その人の持って生まれた特性(個人の資質)

 

投影

相手と自分の距離感が無くなり、
相手の思いや感覚を

自分は全部わかっていると
思い込んでしまうことがあります。

・赤ちゃんを抱く母親
・猫可愛がりするペット(擬人化)
・ストーカー
・親友(十代の頃)、ママ友

 

まとめ

5
あやか
それでは、まとめましょう…。

事実と物事に対する解釈は
他人と共有することが可能です。

他人の「気持ち」は
事実と明らかにされたこと以外は
わかりません。

しかし、
思考パターンは
相手の話を聞くだけで
とても簡単にわかります。

他人の心が読みたいと
思われたら、

簡単にできますので
お試しください。

みのる
はい、あやかさん、ありがとうございました。

「【彩香】の「実践心理学」」次回もよろしくお願いしますっ!(^^)。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です