【コーチング】納得して行動できるのは『自分の言葉』

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

コーチングの考え

相手が、

 ~~~~~~~~
 ・悩み事
 ・うまく行かない事
 ~~~~~~~~

を話している場合、

 ~~~~~~~~~~~
 ・なぐさめてあげたい
 ・アドバイスしなければ
~~~~~~~~~~~

と思うことが多いものです。

しかし、コーチングでは、このような場合でも、

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ・相手の話を聴く事
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆

をまず行います。

これは、

 ★★★★★★★★★★★★★★
 人はその人自身が
 悩みを解決できるリソース(資源)を備えている
 ★★★★★★★★★★★★★★

という考えに基づいています。

 

まずは話を聴く

コーチングをしていると、

 ~~~~~~~~~
 なぐさめも、批判も、アドバイスもせず、
 ~~~~~~~~~

ただ、
相手に寄り添って話を聴いていると、

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 おのずと解決に向かう
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

という体験をすることがあります。

もちろん、そこに、

 ~~~~~~~~~
 ・効果的な質問
 ・フィードバック
 ~~~~~~~~~

などで、リソースを引き出したり、組み合わせたり、
計画の整理をサポートすることも加わりますが、

一番大切なのは、まず

 ◆◆◆◆◆◆◆
 相手の話を聴く
 ◆◆◆◆◆◆◆

ということです。

 

相手が部下の場合

部下の場合を考えましょう。

上司から

 ~~~~~~~~~~~
 「ああしろ、こうしろ」
 ~~~~~~~~~~~

と言われるよりも、自分と向き合って考えて、
自分が「こうしたい」と思ったやり方で取り組むほうが、

断然モチベーションが上がります。

そして、自分で考えたことを

 ★★★★★★★
 「自分の言葉」
 ★★★★★★★

で表現したときに、取り組むパワーは倍増します。

コーチングにおける

 ◆◆◆◆
 「傾聴」
 ◆◆◆◆

は、部下の主体性や責任感を引き出す

 ★★★★★★★★
 「最強のツール」
 ★★★★★★★★

です。

 

コーチングマインド

コーチングマインドの1つに

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 「相手の中に答えがあると信じる心」
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

というものがあります。
この「信じる心」は相手に伝わります。

まず、

 ◆◆◆◆◆◆◆
 相手の話を聴く
 ◆◆◆◆◆◆◆

ぜひ取組んでくださいね。

 

たかはしみのる
◆いつも、応援しています!!

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です