人生は楽しまなくっちゃと言うとき、人は間違いを犯す-何気なさの不思議-

可夢偉コーチ
戦略脳コミュニケーション最適化ブログの【可夢偉】です。こんにちは。

【彩香】の「実践心理学」、視点の当て方が面白いですね。

勉強になります。

それでは、あやかさん。よろしくお願いします。

 

間違いを犯す時に言う言葉…

02
あやか
可愛 彩香です。可夢偉さん、お褒めの言葉、ありがとうございます!

今回は「人が間違いを犯す時に言う言葉」についてです。

それでは、どうぞ…。

洋の東西、老若男女を問わず
人間は習慣の生き物です。

全世界の人には必ず

 「共通する行動パターン」

があります。

その中から、
今回は

 「人生は楽しむためにある」

と 自分の心で呟くとき、

自ら進んで間違いを犯すことを
ご紹介させて頂きます。

 

1・「人生は楽しむためにある」と呟くとき

03

人間が必ず、
以下のフレーズを
はじめに話し出すとき、

ウソ(架空の物語)を
語る傾向があります。

 ・本当の真実
 ・真実の○○
 ・ウソじゃない、本当だ、信じて欲しい
 ・これは本当の話です。私の友人のトモダチが・・・
 ・確実に○○する△△
 ・絶対に○○します
 ・本当のワタシを見つめて欲しい

無意識に選ばれる言葉には、
感情と自我が
結びついています。

何気なく

 「人生は…」

のフレーズが始まるとき、

このくらいいいよね、
大丈夫さ、
何とかなるさと

自分で自分を
応援する言葉が続きます。

 ・お金を使うとき
 ・自分のルールを破るとき(恋愛・浮気・人間関係・食事・酒・ギャンブル・犯罪)
 ・危険だと自分でもわかっている行為

 

2・マイルールを破るときの「ちょっとぐらいいいさ」

04

「人生は…」のフレーズが
頭に浮かぶとき、

人は必ず
自分との会話をしています。

どうなんだろう、
いいのかな、
どうしよう、
e.t.c.

そして、
自分に正当性を持つ為の
「人生は…」が続き、

よし、大丈夫さ、
みんなもやっている、
自分だけじゃない、
バレないから、

と自分との会話を進めます。

このフレーズの
会話をしているとき、

人間は下を向きます。

上を向きながら、
こんなことをしたら

その次はどうなるのかは
考えません。

隣に友人が居るときは、
お互いに下を見きながら
並んでこの会話をします。

このとき、
相手の顔を直視しては
語られません。

このとき
片方が顔を伏せ前傾、

もう片方は
反り返っている場合、

顔を伏せた側は
内面の感情的な対話があり、

反り返った方は
行動を予測しています。

 

3・黙っていられなくなる

05

人間は

 「自分だけ」

にとても敏感です。

自分だけウマウマと
得したいと思うのが
人間の欲ですが、

これが裏目に出るのが
不倫や浮気や汚職や犯罪です。

自分だけ得してるんだから
黙っていれば良いと
思われるでしょうが、

心の中で「自分だけ」が
ある程度継続すると、

人間は
黙っていられなくなります。

例)

 ・自分に正直になりたい(浮気をしている人)
 ・過去を懺悔する
 ・あの時は・・・
 ・私のせいじゃない
 ・みんなと同じになりたい

 

まとめ

6
あやか
いかがでしたでしょうか。

それでは、まとめましょう…。

いかがでしたでしょうか。

今回は、

人間の無意識のフレーズと心理
ご紹介させて頂きました。

会話で何気なく使われる「自分」
どのあたりなのかを観察すると、

相手の意識と心理が
見えてきます。

あなたの人間観察の
お役にお立てくださいませ。

可夢偉コーチ
あやかさん、ありがとうございました。

この、「フレーズ」に注目なんですね…。

次回の「【彩香】の「実践心理学」」も楽しみにしています!

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です