アドラーの言葉:「主観」の世界

【アドラーの言葉】

「トラがドアの前に立っている」

と私が信じているのと、

実際にトラがドアの前にいるのと、

何の違いがあろうか。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

人間はみな、

自分の「主観」で
世界を把握しています。

「絵」が壁に
かかっているのを見ても、

 「綺麗な絵で、
  雰囲気にマッチしている」

と言う人もいれば、

 「この雰囲気には
  違和感がある」

と言う人も、

 「絵?あったっけ?」

と言う人もいます。

人それぞれが、
主観で世界を見ているのです。

 

 

家の前に
実際にはトラがいなくても、

トラがいると
信じている人の世界では、

トラがいるのと
変わりありません。

そういう人を
相手にする場合、

 「実際にはトラはいない」

と説得しても、
全く意味がない場合が、
多くあります。

僕は、
こんな風に思います。

鷹羽詩みのる
自分は自分の主観で
世界を把握しています。

相手は相手の主観で
世界を把握しています。

だから、
相手と向き合う時は、

相手が、
相手の主観で
把握している世界を

◆◆◆◆

見て、聞いて、感じよう!

◆◆◆◆

と思って向き合うのが、
相手を理解する
良い方法だと…。

大切な、
自分の主観の世界は、

一旦は、
大切に、脇に置いておいて、

相手を受け止める感じです。

試してみませんか…。

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です