アドラーの言葉:持っている材料を使って「あなた自身」が作る

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

【アドラーの言葉】

アドラー
遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない。

その材料を使って

住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは、

あなた自身が決めればいい。

 

~アルフレッド・アドラー~

この言葉の中で、アドラーは、遺伝や生育環境を

 「家の建築材料」

に例えました。

同じ「材料」を使ったからと言って、
同じ「家」が建つわけではありません。

同様に、

たかはしみのる
同じ「遺伝」や「環境」で育っても、

同じ人生になるとは限りません。

「遺伝」や「環境」の影響は、確かに、あり、
これで、その人間の全てが決まるという発想は

 「所有の心理学」

と呼ばれます。

しかし、アドラー心理学では、
その影響は「限定的」という立場を取っています。

これを

◆◆◆◆

 【使用の心理学】

◆◆◆◆

といいます。

そうなのです。

持って生まれたものを、どう使うかを…

たかはしみのる
 【決めるのは自分自身】

なのです。

例えば、口うるさい母親に育てられ、「引っ込み思案な性格」
なった人がいるとします。

その人は、「引っ込み思案な性格」になったのは、
「口うるさい母親に育てられた」という環境のせいに
するかも知れません。

しかし、

この場合でも、「使用の心理学」で考えると、

「引っ込み思案」の性格を選んでいるのは
【自分自身】ということになります。

口うるさく言われる環境にあっても、

・話し合うことで自立心の強い性格になる
・内容を理解して冷静な分析者になる
・母親を反面教師として優しく見守る人になる

どんな自分になるかは、「自分自身」が選ぶものだと、
アドラーは言っているのです。

遺伝を嘆くことなかれ…。
環境を嘆くことなかれ…。

自分の行く道は、自分で決められます。

アドラー心理学では、これを、

 【自己決定性】

と呼びます。

たかはしみのる
あなたの、これからの人生は、

あなたが「材料」を使って自分で建てる

【あなたが決めた家】なのです。

さあ、どんな家(人生)にしましょうか?

決めるのは、もちろん、【あなた自身】です。

 

たかはしみのる
★いつも、応援しています!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です