【正しい判断】をするために…

高橋みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

同じ出来事や、
同じ状況を見て

 「判断」

する場合でも、
見る人によって、

 「注目するポイント」

は違い、それが

 【判断に影響】

する事があります。

これは、これまでのその人の

 「経験」や「知識」

によって形成された

 「基準」

が違うからですが、
心理学では、これを

 【スキーマ】

と呼びます。

そして、

この「スキーマ」ばかり
働きすぎると、

固定観念に凝り固まった

 「偏った見方」

をしてしまう事があります。

だから、僕は、
こんな風に考えています。

正しい判断をするために、

鷹羽詩みのる
「これって
 
 【自分スキーマ】が働きすぎの
 
 【偏った見方】じゃないか?」

 

と自問自答する【習慣】を

つけることが大切。

自分自身との対話、
ここでも必要になってきますね…。

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です