Q68:【始まり】は、どんなものでも小さい

名言

始まりは、

どんなものでも小さい。

 

~キケロ(哲学者)~

高橋みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

深い言葉ですね。

同じような意味で、
アリストテレスは言っています。

「革命は些細なことではない。

 しかし、

 些細なことから起こる。」

これらは、
主に2つの事を
示唆しています。

【1】

「塵も積もれば山となる」的な
考え方によるもの。

少しずつ積み上げていく事が、
やがて

 「大きな力」

になるという考え方。

まず一歩目を

 「小さくはじめてみる」

ことが、大切ですものね。

【2】

「些細なことを馬鹿にすると、
 後で痛い目に遭う」

という考え方で、
こちらも、もっともな話です。

この理論は、

 【割れ窓理論】

と呼ばれるもので、

「建物の窓が割れているのを
 放置すると、

 誰も注意を払っていない
 という象徴になり、

 やがて他の窓も
 間もなく全て壊される」

という考え方から、

「軽犯罪を
取り締まることで、

凶悪な犯罪を防ぐ」

という
「環境犯罪学」上の理論です。

【1】も【2】も、
大切な事を示唆していますが、

この2つに対して、
良い方向に進むために、

僕は、
こんな風に考えては…?
と思います。

鷹羽詩みのる
小さな一歩を
踏み出すために、

小さな綻び(ほころび)を
潰すために、

自分が行動するための

 【仕掛け】

を作ると良い。

この「仕掛け」、

「あなた」自身と対話して、

「あなた」の特徴を活かして、

「あなた」のやりかたで、

どう作っていきましょか。

それを考えておくことが、
とっても大切だと思うのです…。

 

Question

鷹羽詩みのる
あなたは、小さな一歩を踏み出すために、

どんな仕掛けを作りますか?

小さな綻び(ほころび)に対処するために、

どんな仕掛けを作りますか?

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です