Q27:【全力】で坂を駆け上がるように「熱中」して打ち込める事は!?

名言

 

人間これという

一つ

に打ちこんだら、

驚くほどのことができる。

~五木寛之(作家)~

 

みのるコーチ
メンタルコーチの 高橋みのるです。こんにちわ。

何事にも
全力を尽くして
取り掛かることって
大事だね。

自分がやってみようと
思ったことに対して、

中途半端な気持ちで
望んではダメなんだ。

中途半端で
トライしてしまうと
必ず飽きる。

だって、
別に嫌なら
辞めちゃえばいいしっていう
軽率な気持ちがあるからね。

そんな気持ちの
ままでは、

力を出して
全力で頑張ろうなんて
思わないよね。

全力って、
自分の持っているもの
全てをそれに向けるってこと。

02

仕事なら、
自分の持っている
スキルから知識を
全てぶつけて取り掛かる。

そしたら
残業になっても
投げ出さないし、

お腹が空いても
頑張れるね。

でも、
なかなか
全力を注ぐってのは
難しいもの。

そんなときには、

 「自分だからできるんだ」

って思うようにする。

自分だから
この仕事がこなせるし、

やり遂げられるんだって思うと、
なんだか力が漲ってくる。

この漲るパワーってのが
全力を出せるポイント!!。

ちょっと難しいなと
思った課題に
取り掛かる前に、

 「できる」

って自分の気持ちを
奮い立たせてみよう。

すると
気持ちが引き締まり、

 「やってやろう」

って気分になるんだ。

やり遂げた後には
美味しいビールが待っている、

大好きな彼女・彼氏との
デートが待っている

なんて考えたら
もっと力が出てるね。

03

でもね、
ここで注意したのが、
あんまり長く
全力を出しすぎないこと。

8時間も10時間も
ぶっ通しで
全力を出してしまったら
凄く疲れちゃうね。

それに、
次の仕事に力を出したいと
思えなくなってしまう。

全力を尽くすにも
限度ってものがあるからね。

本気で集中することが
全力の意味でもあるんだから、

集中が途切れる前に
手を休めてみよう。

窓の外を眺めたり、
お菓子を食べて
気分転換してもいい。

その休憩で
またパワーをチャージすることで
キラリと閃きを感じ、

 「よし、やろう」

って気分になれるんだ。

04

集中して
良い力を出せる時間は

人それぞれだし、
取り掛かるその課題にもよるね。

なかなか
全力を出して
取り掛かれない人は、

取り掛かる前に
この課題は
どのくらいの時間なら
全力を出すことができるかなと
考えてみるといい。

そして、
その立てた目標時間の間に
集中して取り掛かればいい!!。

慣れてくれば
だいたい自分の持っている
力ってものが
分かってくる。

分かるようになると、

無理なく全力を
出せるようになる!!。

全力を尽くして
取り掛かって
やった仕事ってのは
凄く充実しているし、
達成感がある。

とてもいい仕事が
できるから、
成績だって上がる。

 

Question

05
みのるコーチ
あなたが、

これ1つ!

と、

熱中して打ち込める事は何ですか?

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です