【コーチング】課題解決には『前提』を示すのが効果的

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

部下が課題を持っている場合を考えてみましょう。

重い課題であればあるほど、
部下は逃げたくなるのはやむを得ません。

コーチングが行き詰る1つに、
「相手に逃げ道がある」という事が挙げられます。

 

 

この場合に効果的なのは

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「解決策がある」という前提を示す
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ことです。

 

 

部下が色々な試行錯誤した挙句、
「どうすれば良いか」分からない場合、

 ~~~~~~~~~~
 「どうすればいい?」
 ~~~~~~~~~~

と聞いても、部下は、

 ~~~~~~~~~~
 「何をいまさら。
  散々、考えてやってみたけど、だめなんだよ~!」
 ~~~~~~~~~~

という気持ちになってしまいます。

 

 

そこで、こんな質問をしましょう。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 「解決策があるとしたら、どんな方法だと思う?」
 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どんな良い事があるかというと・・・。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆

 (1)「解決策がある」という前提で質問されているので、
    否定から考えることがない。

 (2)「解決策」という言葉で、
    「解決できた」イメージをもつ事ができる。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆

 

どちらも、

 

 ★★★★★★★★★★★★★
 「できること」に目を向ける
 ★★★★★★★★★★★★★

 

ことになり、これが「大きな力」になるのです。

 

是非、取り組んでください!

 

たかはしみのる
◆いつも、応援しています!!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です