【簡単解説】褒めるのは相手の『○○』(コミュニケーション最適化)

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

こんにちは。

笑顔で感謝!✨ みのるコーチです。

今回も、ご覧いただき、ありがとうございます。

今回は

今回のテーマ
【簡単解説】褒めるのは相手の『○○』

というテーマでお送りします。

ポイント解説、早速いきましょう!

【Youtube版】

Youtubeでもお伝えしていますので
是非チェックしてくださいね。

【1】褒める対象は…

ずばり…

褒める対象は…
褒める対象は相手の『欠点』

です。

…え?

良いところを見つけて褒めるんじゃないの?
…と言われるかも知れませんね。

ただ、人間は
欠けている事に目がいきやすいもの。

そして、良いところは
褒められて「慣れて」いて
特別感がないということもあります。

だから、敢えて『欠点』なのです。

【2】手順

①言い換え(リフレーミング)

まずは「言い換え」です。
心理学用語ではリフレーミングと言います。

ネガティブな欠点を
ポジティブな言葉に言い換えます。

(例えば…)
「騒がしい」⇒「活気がある」
「頑固」⇒「筋を通す」
「優柔不断」⇒「慎重」

…といった感じですね。 

②私から見て…(肯定的Iメッセージ)

(例えば…)
「(私から見て)あなたは活気があるな~と
 頼もしく思っています。」

…といった感じです。

あなたが主語になる Youメッセージ では
評価的な表現になってしまいます。

私が主語の 『Iメッセージ』 が良いですね。

③リクエスト(これもIメッセージ)

(例えば…)
「更に周りへの気配りも向上すると、
 私も嬉しいです。」

…といった感じで

こちらも Iメッセージで
リクエストを伝えましょう。

人は周囲に貢献したいという思いを
生まれながらにして持っています。

ですので

Iメッセージでのリクエストが
効果的なのです。

【まとめ】

● 褒める対象は…

【1】褒める対象は…
✅褒める対象は『欠点』。
✅見つけやすい。
✅言われ慣れていないため特別。
【2】手順
①言い換え(リフレーミング)
②私から見て…( 肯定的Iメッセージ)
③リクエスト(これもIメッセージ)

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です