【目標】を1つだけにすべき本当の理由とは?

たかはしみのる

ビジネスコミュニケーション最適化コーチ たかはしみのる です。こんにちは。この記事は、こんな私が書いています。▶IT業界で人間関係に悩み、コミュニケーションの学びを開始。NLP資格取得・コーチングライセンス取得・アドラー心理学を学ぶなど、小さな学びから始めて大きな成果がでることを実感し、企業研修講師 ・プロコーチ・コーチングスクール講師・オンライン講師 などで活動中。▶【プロフィール】

自我消耗

社会心理学者のロイ・バイマイスターの
「意志力」に対する画期的な研究結果に、
以下のようなものがあります。

1.「意志力」の量には限りがあり、それは使うことで消耗する。

2.すべての種類の行動に用いられる「意志力」の出所は1つである。

僕たちは、普段あまりこの事を意識していません。

学校の活動でも、職場の活動でも、
このような法則は存在しないように「意志力」を扱います。

例えば、大きな仕事を達成しようとしている時は、
同時に行われているダイエットは
失敗しやすくなるということです。

仕事に対して「意志力」を発揮すれば、
ダイエットに対する「意志力」は足りなくなるためです。

◆◆◆◆

自我は消耗します。

◆◆◆◆

試験に向けて必死になっている人が、
身だしなみに手が回らなくなるのは、

時間が足りないのではなく、
自我が消耗してしまっているからです。

★★★★

「意志力」の貯蔵庫は1つで、使えば消耗する。

★★★★

 

「意志力」と「血糖値」の関係

関連するバウマイスターの研究
もう一つ興味深いものがあります。
それは、

「血中グルコース濃度を安定させることが、持続的な自己コントロールには欠かせない」

ということです。

血中グルコース濃度が高い方が、
「意志力」を発揮することができるということが言えます。

しかし、砂糖など急激に血糖値を上げる食べ物は、
一時的に血糖値を上げた後、急激に下げてしまうので、
意志力はむしろ不安定になります。

このように「有限な意志力」は、
栄養状態に強く影響を受けています。

 

まとめ

バウマイスターの研究によると

・「意志力」の貯蔵庫は1つで、使えば消耗する。

・規則正しい生活を心がけ、野菜を良く食べ、睡眠を多くとり、
 なるべく早い時間帯に大事な仕事を手掛けるほど、
 「意志力」を集中的に投入できる。

 

たかはしみのる
★いつも、応援しています!!

 

 

 

 

たかはしみのる
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー情報はこちらから】
  ▼ ▼ ▼
BCOPアカデミー
ビジネスコミュニケーション最適化アカデミー
https://www.street-academy.com/organizers/coach-minoru


━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスコミュニケーション最適化ブログ
https://coach-minoru.com/profile-minoru/


━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE公式】 お友達追加で、お得な情報が届きます
コミュ最適化★公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40shm0667u

━━━━━━━━━━━━━━━━━

facebook】個人ページ
↓是非メッセージを添えてお友達申請を!
https://www.facebook.com/taka57


━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去のセミナーの様子
https://coach-minoru.com/seminar-rec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です