アドラーの言葉:「仲間」の人間に関心を持つ

【アドラーの言葉】

話す、読む、書く。

これら

人間の能力といえるものが

発達するのは、

仲間の人間に

関心を持つことによってだけだ。

 

~アルフレッド・アドラー~

鷹羽詩みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

「自分は一人で生きていく。」

と言う人がいますが、
これは

 「嘘」

です。

本当に一人では、
生きていくことはせん。

アドラーは、

「過去に遡ると、
 1人で生きた人がいたという
 痕跡を見つけることはできない」

と言います。

人類は、野生動物に比べて、

 「体力」や
 「五感」

が、優れているとは言えません。

そんな中、人々は、

 【他者と協力】

することで、

今日まで生きてきたと
いえます。

人間の能力

 「話す」、
 「読む」、
 「書く」

つまり

 【言葉】

が発達したのも、
「仲間と協力」するためで、

この世の中で、
言葉を持たない民族は、
存在しません。

人間のあらゆる

 【行動】、
 【感情】

は「対人関係」を抜きには
考えられません。

そして、

 【言葉】

という

 「人間固有の能力」

は、

◆◆◆◆

 「【対人関係】を

  よくするために発達してきた」

◆◆◆◆

と言えます。

こうした人類の歴史に
照らしてみれば、

★★★★

 「他者を【仲間】と思い、

  関心を持つ」

★★★★

ことが、

人間にとって
自然なことであり、

 【言葉】

を使って、
仲間と「協力」しあうことが、

 「人間の自然な姿」

といえます。

それが、
とても素晴らしい事だと、
僕は思うのです…。

鷹羽詩みのる
いつも応援しています!(^o^)

 

 

【無料E-Book】「アドラー流」リーダーシップ最適化計画のダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です