Q74:「忙しさ」と【最終目的】

名言

非常に忙しい毎日を

送りながらも、

その活動自体、

実は自分の最終的な目的とは

何ら関係がないという可能性が

大いにあるのだ。

 

~スティーブン・R・コヴィー(経営コンサルタント)~

高橋みのる
鷹羽詩みのるです。こんにちは。

あまりにも忙しいと、

目の前の忙しい仕事を
こなすことだけを
考えてしまい、

それが、

 【自分の最終的な目的】

のために「役立っているか」
どうかを

考えられなく
なっている場合が
あります。

もう一度、
自分に問い直してみるのは、
いかがでしょうか…。

 「【今の忙しさ】と、

  【最終的な目的】との関係は?」

【目的】に対して、
その忙しさが必要であれば、

その忙しさは、

 「充実感」

になりますが、
コヴィー博士は、

 「何ら関係がない
  という可能性が、
  大いにある。」

とおっしゃっています。

だから、僕は、

こんな風に考えたらと
思います…。

鷹羽詩みのる
「忙しい」が口癖に
なっている時には、

その「忙しさ」について、
考えてみると良い。

◆◆◆◆

「納得できる時間の使い方が

 できているかな?。」

◆◆◆◆

と…。

きっと、

【最終目的】のために、
【時間の使い方】を

考え直す

キッカケになるのではと、
思うのです…。

Question

鷹羽詩みのる
この「忙しさ」を終えた先に、

どんな【あなた】が待っていますか?

 

 

「お役立ち情報」・「最新情報」はメルマガで配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です